<< 2013/4/6 groundrhythm "deep house session" @ Air | main | Basic Soul Unit - Motional Response (Still Music:STILLMCD008) >>
豚星
豚星1

僕は「豚星」の存在をハードコアなジロリアンの方のブログで知った。彼は平日昼間の仕事の合間にもかかわらず、ニンニクが大量に入ったラーメンを啜り化調を摂取する事で化調中毒となっているジロリアンだ。僕はそこまでの境地には至ってないので、仕事の合間に二郎系に行く事はない。そんな彼が二郎インスパイア系の中でもベストだと謳うのが「豚星」なのだが、そちらの方面の温泉に行くのに合わせて「豚星」も"ついで"に寄る事にした。現地へと赴いてみると人が並んでいる場所があるのだが、看板も無い質素なその店が「豚星」である。この日は朝食を抜かして腹ペコだったので、小ラーメン豚入り(750円)でトッピングはヤサイマシ・ニンニク・アブラで注文。

やる夫1

そんな風に考えていた時期が俺にもありました
やる夫2

豚星3

どぉんっっっっっっっ!!!!

やる夫3

憤怒、何と言う野菜の山。見ただけでも戦意喪失しそうだが、脂の塊やら細かく刻まれた生のニンニクもたっぷりと添えられており、この時点ではまだまだ食欲が勝っていた。意外にもモヤシに対してのキャベツの量がそれなりに多く、色鮮やかなのはこの手の店にしては嬉しい限りだ。豚はどこうだろうと疑問に思うだろうが、それは後のお楽しみ。

豚星2

さて、先ずは野菜から食べる事から始まるのだが、野菜には当然味は付いていないのでレンゲでスープをたっぷりと掛けてから頂く。スープはこの日は殆ど乳化しておらず上澄みには脂の塊も浮いていたが、少し飲んでみると豚骨よりは醤油がしっかりと感じられるタイプでドロドロとはしていない。そんなスープに野菜を絡めて食してみると、野菜も質感をはっきり残した茹で方でシャキシャキした噛みごたえも気持ち良く、野菜の甘味と醤油のキレが相まって箸が止まらない。ニンニクの生々しい香ばしさや辛さが更に食欲を刺激し、思ったよりも野菜が減っていく。

豚星4

野菜をある程度食べて量を減らしたところで恒例の天地返し。すると野菜の下に埋もれていた豚が顔を出すのだが、豚入りにしたのは良かったのか悪かったのか、驚くべき事に厚さ1センチもある巨大豚ロールが5枚も入っているではないか。やばいと言う気持ちに包まれつつも豚に齧りつくと、トロ〜ンとした柔らかい質感とふくよかな脂の旨味。肉の繊維が残った箇所はホロホロとした質感もあり、肉々しい動物的な迫力があって美味しいね。そして麺、ラーメン二郎に比べるとやや細いが中太の平打麺は非常に小麦の風味豊かな、もう爽やかと言っても嘘ではない程に香り高い。口の中に流しこんでみるとツルツルとした喉越しで、野菜のエキスや豚の旨味が溢れるスープを適度に吸って口の中で美味さが爆発している。ジャンク…と言う印象は全くなく、丁寧に正しく作られたマイルドな豚骨醤油ラーメンだ。だがしかし、やはり二郎インスパイア系である事実に変わりはなく、後半になると豚や麺の量に苦しめられる事となった。ちょっぴり涙を滲ませながらえいやっと豚を口の中に放り込み、麺を流し込む…後半は苦行そのものと化していたが、何とか残さず完食。次は普通の小ラーメンで良いかなと思ったが、それはさておき噂に違わぬ実力派のラーメン屋であった。

HP:豚星
住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-10-1
電話番号:非公開
営業時間:月〜土:11:00-14:00 16:00-22:00
休業日:日曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3061
トラックバック