CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2013/5/13 Kraftwerk "3-D CONCERTS 1 2 3 4 5 6 7 8" Computer World @ Akasaka Blitz | main | Flori - Foldings (Aim:Aim 010) >>
Moodman - Crustal Movement Volume 03 - SF (tearbridge records:NFCD-27351)
Moodman - Crustal Movement Volume 03 - SF
Amazonで詳しく見る

最初に断言しておくとこのアンダーグラウンドなダンス・ミュージックを様々なスタイルで纏め上げた"Crustal Movement"シリーズは、MIXCDが良くも悪くも大量に生産されるこのご時世において決して安い値段ではない。がミックスの技術からメジャーでリリースする事によるライセンス許可の取得、そしてマスタリングまで手抜き無しに仕事がされている事を考慮すればこその価格であり、実際に聴き終えた後にはその価格に見合った内容であると理解出来た。このシリーズは国内の3人のDJによって同時に3枚リリースされたのだが、今日紹介するのはジャンルに囚われる事なく振り幅を敢えて持ちながら時代を駆け抜けてきたMoodmanが手掛けている盤だ。本作が面白いのはもう15年以上も前のJohn BeltranとTerraceの曲である往年のインテリジェンス・テクノから始まり、そしてKirk Degiorgioのリミックスへと続いて行く事だ。序盤にしていきなり90年代前半を象徴するスタイルが出現するが、実はそれ以降はここ2~3年の作品で纏められており、特に後半は近年のダブ・ステップがそれ自体を強く主張させる事なく自然と並んでいる。インテリジェンス・テクノ、ブロークン・ビーツにダブ・ステップ、ディープ・ハウスやエレクトロニカと小刻みに曲調は変わっていくのだが、不思議とその直列には違和感はなく自由奔放なビートの組み合わせが各所に散りばめられているのだ。恐らく本人もインタビューで述べているように曲としてではなく素材/ツールとしてデジタル的なミックスを行った事がそれを可能としているのだろうが、曲自体が存在感を主張しない為にBGM的な平たくスムースなムードを生み出し、何時の間にか聴き終わっているような心地良さが発せられている。とてもさり気なく過去から現在へと繋がりを聴かせる知的さ、そして今と言う時代の空気も取り込んだ洗練さを兼ね備え、大人の余裕さえ漂う音にただただうっとり。

Check "Moodman"

Tracklistは続きで。
1. John Beltran - Ten Days Of Blue
2. Terrace - No More Video
3. Soy Mustafa - Bipolars Revenge (Kirk Degiorgio Remix)
4. Jonny Miller - Rise (Phuture Lounge Original)
5. Clyde - Roll Of The Beast (Tim Scott's Roll Of The Beast Remix Instrumental)
6. Atjazz - Khora
7. Cobblestone Jazz - Sun Child
8. Lewis B - Rhodesalicious
9. Joe - Rut
10. Toroy Gunner - Headlights
11. Douglas Pagan - Birther (Altered Natives Remix)
12. Peverelist - Better Ways Of Living
13. Mount Kimbie - Carbonated
14. Baobinga & Guido - Bumba
15. Incyde - Telophase
16. Femme En Fourrure - Bronco (Teeth Remix)
17. eLan - Bleep Bloop Brrrrmmp (Lazer Sword Remix)
18. Incyde - Traverse
19. Bakongo - Amhara
20. Lewis B - Snippertons
21. Arkist - Fill Your Coffee
22. Ramadanman - Humber
23. HxdB - 2 Cap
24. Rockwell - Childhood Memories ft. Kito & Sam Frank (Teeth Remix)
25. Jon Hopkins - Vessel (Four Tet Remix)
26. Prins Thomas Orkester - Surkal
27. Hypno - Kancourde
28. Caribou - People Eating Fruit
29. Dntel - Bright Night (Robags Kloff Motture Mix)
30. Big Chrunch Theary - Distortion (DJ Koze Remix)
31. Josip Klobucar - Tea Bag
| HOUSE9 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3066
トラックバック