CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Black Jazz Consortium - Structure (P-Vine Records:PCD-93649) | main | 2013/5/5 Rainbow Disco Club @ Harumi Port Terminal >>
Ananda Project - Beautiful Searching (Nite Grooves:KCD275)
Ananda Project - Beautiful Searching
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
元々の期待値が高い為、または安定した質の高さを保っている為、そんな背景があればおのずとアーティストが新作を出す毎に驚きは減っていく事もあるだろう。特にNY系ハウスにおいては古典的なスタイルが確立されているが故に、ベテランになる程そのジレンマから逃れる事が難しくなるのかもしれない。Ananda Projectもその例外ではなくどのアルバムも高い完成度を誇るが故に、新作を聴いても最初に出会った頃の衝撃は不感症であるかのように感じなくなっていた。本作はそんなユニットにとってKing Streetからは実に6年ぶり通算4枚目のアルバムだが、これが良い意味で期待を裏切る感動的な作品となっていた。もっと言ってしまえば当方がAnanda Projectに出会った頃の衝動を思い起こさせるようでもある。内容的には今までと然程変わらない、熱帯雨林を思わせる湿度の高いオーガニックな様相を見せつつ、ラテンやアフロと言った南国の空気を纏い、セクシーな歌とエモーショナルな旋律でアーバンなハウスを奏でている。新機軸は無いと言ってもよいだろうが、やはり一曲一曲の完成度が異様に高いのである。フロアの為のツールとしてではなくアルバムとして聴けるメロウなコード展開やストーリー性を持ち、様々なボーカリストを起用する事で各曲に異なる妖艶なムードも生まれ、アルバムを通して豊かな音楽性を聞かせている。お世辞抜きにどの曲もうっとりする程に情熱的であり、自然と口ずさみたくなるような歌が多くある事はNYハウスの歌を重要視する音楽観から見ても成功だろう。もしまだハウスに興味を持てない人や、またはハウスを聴いてみたいと言う人が居れば、本作はそんな人にも勧めたい一枚である。ハウスミュージックの老舗中の老舗からリリースされた、新しくも古典と言う表現が相応しいアルバムなのだから。



Check "Ananda Project"
| HOUSE8 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3067
トラックバック