CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2013/4/13 ESCAPE presents Galactic Soul @ Eleven | main | 電気グルーヴ - 人間と動物 (Ki/oon Music:KSCL 2200〜1) >>
Trus'me - Treat Me Right (Prime Numbers:PNCD18)
Trus'me - Treat Me Right
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
イギリスはマンチェスターにてデトロイトにも匹敵する黒きハウスを世に送り出しているPrime Numbers。その首謀者がDavid WolstencroftことTrus'meで、彼自身も2007年に作品デビューとアーティスト活動に於いてはまだベテランとは言えないが、レーベル運営の手腕と共にアーティスト的な面からも信頼を寄せられている事に疑う余地は無い。本作は3年ぶり3枚目のアルバムとなるのだが、まず誰が聴いても今までと変わった印象を受けるのは間違いないだろう。今までの音楽性が生っぽくレイドバックしたジャズやソウルのフィーリングを伴う湿度の高いハウス中心だったのに対し、本作では一体何が彼に起きたのかテクノに接近したツール的なトラックが増えている。例えば"It's Slow"のブリブリした正弦波のシンセの音は完全にブリープで、随分と硬くソリッドなシンセが幾何学的に絡み合いながらモダンテクノ化している。アルバムの幕開けとなる"Hindsight"にしたって訝しいボーカルを添えながらも、垂れ下がる重苦しいパッドやヒプノティックなシンセを配したテック系のハウスで、確かに黒さが感じられない事もないが現代風にスタイリッシュな作風に寄り添った印象だ。そんな中でハイハットが猛々しく鳴り疾走する"I Want You"は、エレクトロニックなビートやメロディーであるにもかかわらずどす黒いスモーキーさが立ち込めており、Trus'meらしさもある程度は残っている。個人的な好みで言うと前作までの生々しいハウス路線に愛着があるのだが、これはこれで違和感なくテクノを咀嚼した作品として成り立っているので、アーティストとしての才能はあるのだろう。そしてこの後にリリースされたリミックスアルバムは、更にツール向けのテクノ化しているのだ…

試聴

Check "Trus'me"
| HOUSE8 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3068
トラックバック