CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Pop Ambient 2013 (Kompakt:KOMCD103) | main | 2013/5/11 Make Some Noise Presents Ryo Murakami 1st Album “Depth of Decay” Release Party @ Ochiai Soup >>
2013/5/10 PLANET OF TUNES - After The Eclipse - @ SuperDeluxe
PLANET OF TUNES1

六本木にあるイベントスペース・SuperDeluxeにて皆既日食のその後に続くパーティーがあり、ドネーション形式ながらもArtman、DJ Yogurt、DJ Shhhhhらが出演し面白そうな内容だったので遊びに行く事にした。決して音楽がメインと言うわけでもないようで、フードやアートに香りによる空間演出など色々な要素によって地球と言う大自然を体験するようなパーティーのようだ。
PLANET OF TUNES2

現地入りしたのは7時半頃だったがドネーション形式、つまり無料でも入る事は可能だったせいかなかなかの人混みで賑わっていた。このスペース自体はコンクリート打ちっぱなしで、それなりに容積も大きいので確かに音楽以外の体験も出来るイベントスペースとしては良いように思われた。こちらはAKARiYAによるキャンドル演出、とても優しい光でなんだかほっとする。

PLANET OF TUNES3

その奥ではDJ Shhhhhがプレイ中で、普通のダンスパーティーとは違う空気の中でオーガニックかつ民族的な曲から定形から解放された不思議な電子音楽まで縦横無尽に回していた。時間帯も早い事もあってかしっかりしたビートで踊らせるのではなく、あくまで音楽も演出の一つとしてパーティーの中に自然と溶け込むような聞かせ方で、無国籍で何処でもない異空間のような不思議な音楽だった。無重力空間の中でふわふわと浮遊するような、しかし強烈な電子音も入り神経を刺激するDJ Shhhhhの個性的なプレイは、なかなか他では聴けるものではない。

PLANET OF TUNES4

その後のDJ Yogurtはビートもしっかりと入れながらも、グルーヴ自体はしっとりオーガニックで優しい。アコースティックなフォーク・ロックやハウスミュージックにしても生っぽさのある音が強く出ていて、無理にフロアを盛り上げる事もせずに心地良いBGMとなって流れていた。全体的にはまったりとしたロービートでダウンテンポな印象だっただろうか、ゆらゆらと体を揺らす程度の心地良いグルーヴとなり、会場の中でフードやアートを楽しみつつ音楽を聴くには最適だった。会場の壁には皆既日食に関連のあるVJが投影されていたのだが、本人談ではそれを意識しながら選曲をしていたそう。

PLANET OF TUNES5

最後に登場したのはArtman。この手のパーティーなので緩い音響系でもプレイするかと思っていたら、意外にもクラブサウンド一直線な強烈なハウスミュージックを回していた。プログレッシヴハウスなのかサイケデリックなのかトランスなのか、その合間を行き来する不気味なハイエナジー感を放出しながら疾走するグルーヴ感はかなり快楽的。遅い時間で客も酒が回っていたのか、みんなこの頃には音に身を任して踊って盛り上がっていた。

PLANET OF TUNES6

こちらはSANGAによる香料の販売。天然の原料を元に調合した香料だそうで、確かにそこら辺で販売している安くて化学的な香料とは違って香りが実に優しい。会場の数カ所でこの香料の演出がされていて、音楽を聴きながら時折すっと香りが漂ってきたりして、心地良い空間演出となっていた。

PLANET OF TUNES7

最も目を引いたのが鎌倉のパン屋・PARADISE ALLEYによるパン曼荼羅。パンに模様が付いていてそれが曼荼羅となり皆既日食をイメージしたらしいが、パンの大きさにもその表現にも驚きと和みを感じた。多くの人が集まっていて写真に撮ったりして楽しんでいたが、最後はパンを切り分けてみんなで頂きました。天然酵母パンらしいのだが、普通のパンと違って素朴で田舎っぽい食感でとても美味しかった。

PLANET OF TUNES8

また音楽に合わせて描くSaori Kandaによるペインティングも注目を集めていた。音楽に共振していたのか覚醒していたのか、体をくねくねくねらせながらパワフルに勢い良くペイントをしていき、最後には青白い炎が噴き出る太陽らしきものを描き出した。

その他にもプリミ恥部によるマッサージ、SPACE-NEKOKINOKO PROJECTによるムービー、写真展、下北沢にある気流舎の本の販売、カムナ葦船プロジェクトによる蔦の演出など、本当に沢山の体験を盛り込んでいた。音楽による創造だけでなくペイントによる創造も見ながら、そして様々な方面からパーティーを楽しむ事が出来る企画は素晴らしいので、今後はこういったパーティーが増えると良いなと思う。問題はドネーション形式にもかかわらず寄付をする人が少ない事だろう。無料で受けられるサービスは無いのだから、ただで楽しめると言う気持ちではなく、楽しんだのならば当たり前の様に寄付をして欲しいものだ。さもなければパーティーを継続する事は難しいのだから。
| EVENT REPORT4 | 13:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/04/17 9:45 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3093
トラックバック