CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Theo Parrish - Dance Of The Medusa (Sound Signature:SS049) | main | 2013/5/24 eleven Closing Party with Joaquin Joe Claussell @ eleven >>
AWANE - Atom / Solaris (Seeds And Ground:SAGV028)
AWANE - Atom / Solaris

以前からウェブ上では作品が公開されており、リリースはまだかまだかと随分待たされていた気がする。恐らく2年前から作品自体は完成していたようだし、リリースパーティーも昨年に行われていたが、色々あってリリースが遅れていたようだ。井上薫が主宰するSeeds And Groundからの新作は、そんな注目の新人である阿波根恒介ことAWANEによる初のEPだ。実は音楽活動はかなり長いので新人と紹介すると語弊があるかもしれない。バンドとして、レコード店のバイヤーとして、DJとして、ライターとして…と色々な形で音楽に常に接してはいたらしいが、物理メディアでのソロ作品は本作が初めてとなる。井上薫が惚れ込んだ事からも内容については折り紙付きで、既に彼がフロアでもパワープレイしているトラックが収録されている。"Atom"はミニマルでフラットな感覚が心地良いグルーヴの上に原始的な音の粒子が絡みあうように輝くシンセ音がリフレインし、美しくも多幸感たっぷりなテック系となっている。"原子"と言う曲名もなる程ねと思われる整然と幾何学的な構成の曲だが、決して縮こまった雰囲気はなく開放的でどこまでも飛翔していく清々しさがある。裏面の"Solaris"は10分超えの大作だが、全く飽きずにもっと音が継続する事を欲してしまう壮大でハイテックな曲だ。ファットなボトムのリズムから徐々にシンセが入りだし、その奥ではスペーシーかつ繊細な音が浮遊しながら、そして低い台地から少しずつ宇宙へと駆け上がるように多幸感を増していく銀河系テック・ハウスだ。ブレイクに於ける部分では静かにエネルギーを溜めながら、そこから一気に爆発してダンスのグルーヴへと雪崩れ込む展開は、ベタな展開ではあるものの実にツボを得た盛り上がらせ方だ。どちらもハイエナジーでありながら、しかしベテランらしい丁寧な音作りや理論的な構成を伴っており、音楽活動が長いからこそ成し得た老獪かつ洗練されたテクノだと思う。本当に素晴らしいので、是非ともアルバムも制作して欲しい。

試聴

Check "AWANE"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3108
トラックバック