<< Sorcerer - Step Pyramid / Universal Vision EP (Catune:CATUNE-49) | main | 2013/6/21 Liquidroom Presents Marcel Dettmann @ Liquidroom >>
Coma - In Technicolor (Kompakt:KOMPAKT CD 106)
Coma - In Technicolor
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
近年は通り一遍なテクノから脱却しようと腐心している様が見受けられるケルン最大のテクノレーベル・Kompakt。最早DJツールとしてのテクノだけではKompaktと言う大きな船を支えるのは難しいのだろうか、特にここ数年はライブを行う事の出来るロックを意識したバンドのアルバムもリリースしている。そしてこの二人組ユニットのComaもその路線上にある新鋭で、2008年にデビュー以降Kompaktを含む複数のレーベルからEPをリリースし知名度を高めながら、遂に初めてとなるアルバムを完成させた。リリース元がKompaktなので前提としてテクノと言う電子音楽やダンスビートが基盤にはあるが、歌モノがある事やギターやベースなどの生演奏も取り込んでいる影響か、80年代のニューウェーブなりディスコティックなロックなりサイケデリック・ロックなりが背景に見え隠れしている。いわゆるクラブトラック的なイーブンキックの引っ張られるグルーヴ感ではなく、何処かイモ臭くどたどたしたダンスビートはロックのノリやライブ感が感じられ、そこに煌めきのある派手派手しい牧歌的なメロディーや霞がかった幻想的なシンセの層が被さっている。中には初期のBorder Communityを思わせる牧歌的なプログレッシヴ・ハウスや、快楽的でもやもやとしたサイケデリアを発するエレポップ風な曲もあるが、デビュー・アルバムにしては実にポップな曲が粒揃いでComaの世界観が真に迫ってくる。Kompaktが推しているだけあって新人ながらも一定水準には達しているし、レーベルの方向性も掴めると言う点で、非常に納得のアルバムだ。



Check "Coma"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3123
トラックバック