CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2013/7/6 DAIKANYAMA UNIT 9TH ANNIVERSARY LOS HERMANOS -SOUL SAVER LIVE- supported by PRIMITIVE INC. & METAMORPHOSE @ Unit | main | Franck Roger - Extensions Of Yesterday (Circus Company:CCCD012) >>
2013/7/7 茶澤音學館 Presents Sadar Bahar Japan Tour 2013 In Tokyo @ Cay
昨年、とあるアーティストにSadar Baharと言う凄いアーティストがいるから次回来日した際には是非聴いてみてと助言を頂き、その後にSadarが手掛けたコンピレーション・アルバムを手にしたところ、全く知らない7〜80年代の古いディスコやファンクばかりなのに余りのかっこよさに衝撃を受けた。そして遂に再来日の時期がやってきた。パーティーのアーティスト紹介によればSadar Baharは、Ron HardyやFarley "Jackmaster" Funk、Frankie KnucklesにSteve "Silk" Hurleyと言ったシカゴ・ハウスの伝説的なDJに影響を受けDJへと足を踏み入れたそうで、トラックメーカーとしてではなくDJ業のみで30年以上活動を続けている。DJとしての活動のみなので決して知名度が高いわけでもなく初めて来日したのも2009年頃だが、しかしそれだけで30年以上の活動を継続出来る背景にはきっと何かがあるのだろう。今回は青山はCAYでのサンデーアフタヌーンパーティーへと、そんなSadarの音楽を体験しに遊びに行ってきた。
サンデーアフタヌーンパーティーを時折開催している場所としてCAYの名は知っていたが、行くのはこの日が初めて。階段を降りてフロアへと入ってみると、元々レストランとして営業している事もあってかクラブと言うよりは落ち着いた内装で雰囲気はなかなか。ファンクやディスコならばとオープニングはDJ Kenseiが担当していたが、DJブースにはタンテ2代とミキサーのみと非常にシンプルなセッティングで、この潔さが今となっては逆に新鮮だ。Kenseiは12インチだけでなく7インチも使用してディスコやファンク、ジャズなど生音中心のセットで、綺麗にミックスするだけでなく曲を1曲そのまま聴かせたり、逆にリズムが異なる曲をものの見事に上手くミックスしたり、流石ディスコやヒップホップの界隈で活動してきただけの妙技がある。自分はこの手の音楽を普段聴かないので初めて耳にするトラックばかりだったが、突然日本語ボーカルのジャズも織り交ぜて小洒落た展開もあれば、腰にくるうねるベースラインや怒涛のドラムブレイクを聴かせるファンキーな展開もあり、フロアも音に身を任せて日曜の夕方のアンニュイな空気をものともせずに沸き立っていた。

さて、CAYは普段はレストランとして営業をしているせいか、普通のクラブに無いビールや真澄と言った日本酒、マテウォッカなどドリンクが充実しているのが素晴らしい。勿論この日はフードもあって夕方の時間帯でも、お腹を空かせて困るような事もない。また茶澤音學館によるパーティーに対する意気込みはデコレーションにも表れていて、フロアの上に大量に備え付けられたミラーボールや7インチを大量に連ねたカーテン風のデコ、そしてDJブース周りの熱帯を思わせる観葉植物などが、味わいのあるパーティーの雰囲気を自然と作り出していた。今パーティーに必要なのは単に金を掛けた大きなフェスではなく、やはり労力を厭わずに人の手を掛けたものだと自分は再度思う。そうすれば自ずとそれを感じ取った人が、日曜の夕方にも遊びに来るのだ。

と美味しいお酒や料理を堪能しつつ過ごす内に、ようやくSadar BaharがDJブースへと入った。Sadarも当然ヴァイナルのみのプレイで、DJ Kenseiと同じようにファンクやディスコ、ソウルやジャズなど黒光りして湿った生の音が炸裂する曲を、いやむしろそれしかプレイしない。自分が普段聴くテクノやハウス、そして時代の先端を音には見向きもせずに、恐らく普通の人では辿り着かないであろう古い曲のコレクションから単純にかっこいい曲を選び抜いているのだろう。この日はサウンドシステムも茶澤音學館が持ち込んだ物を使用していて、バカでかい音を出す事はないがフラットな鳴り方がSadarのプレイする生音の曲をありのままに聞かせてくれていた。ラフで荒れた音質の曲だってその素朴さが際立ち、強迫的な鳴り方ではなくて極自然に耳に入って来るようだった。しかし何処か知的さもあるDJ Kenseiに比べるとギトついた汗を流しながらプレイするSadarの音は、やはりファンクネス&ブラックネスで過剰なアイソレーターの使い方が激しい時もある。それも非常に人間臭くて泥臭くて、そして感情をぶちまける音に肉体は自然と動いてしまう。整然としたミニマルとは真逆の上下左右に揺さぶられる肉感的なグルーヴの前ではフロアで踊っている多くの人が笑顔に包まれていて、こんなパーティーが理想的なディスコパーティーなのではないかとも感じた。完全に外向的で陽気なエネルギーが発散されるSadarのプレイに、全くこの周辺の音楽を聴かない自分も心底やられて、ジャンルなど関係無しに気持ち良く飲んで踊って日曜の夕方を満喫。小難しい事抜きにして、単に音楽は音楽として体験させてくれたSadar Baharは確かに"Deejay'sDeejay"なのだろう。

■Sadar Bahar Presents Soul In The Hole(過去レビュー)
Sadar Bahar Presents Soul In The Hole
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
| EVENT REPORT4 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3141
トラックバック