CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 中野 寿湯温泉 | main | Aybee - Worlds (Deepblak:DBCD003) >>
Mono Village - Fixation EP (HotMix Records:HM009)
Mono Village - Fixation EP

イタリアから猛烈にシカゴ・ハウスの復権を支持するSimoncinoは、2011年頃からHotMix Recordsをスタートさせ旧世代から新世代まで取り込みながらリアルなシカゴ・ハウスを世に送り出している。そのレーベルの新作はMono Villageなる聞き慣れないアーティストのEPだが、実はドイツのディープ・ハウス系レーベルであるMojubaからSTEREOCiTI名義で活躍しているケンスミタニの変名だ。STEREOCiTIでは古き良きシカゴ・ハウスと現在の深遠なディープ・ハウスを組み合わせたモダンな感覚もあったが、Mono Villageではより原点回帰と言うべきなのかラフで剥き出しの肉肌を感じさせるシカゴ・ハウスへと向かっているように感じられる。事実かどうかはさておき作品から発せられる空気は、作り込んだのではなく衝動で仕立てあげたような野性味があり、Simoncinoの目線と同じところを向いているのだろう。酩酊感を催すパッドのコード展開と不気味に唸るアシッディーなシンセ、そして色っぽい女性ボーカルから構成される"Fixation"、贅肉を削ぎ落して乾いたリズムトラックと足元の覚束ないパッドが延びる生々しいシカゴ系な"Set Your Free"、そのどちらも深みよりはシカゴ・ハウスの衝動を表すように臨場感や新鮮さに重点が置かれているのではと思う。そして上昇気流を生み出す煌めくアルペジオの旋律と攻撃的なアシッドが唸り続ける"Area 1917"は、暴力的なアシッド・ハウスの勢いと覚醒感が堪らないフロアでこそ映える一曲となっている。根っこの音楽性はSTEREOCiTIと同一にしているが、体感的にはより野性味のあるMono Villageでまた新しい一面が開花した作品と言えるだろう。

試聴

Check "STEREOCiTI"
| HOUSE9 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
こんにちは、お邪魔します。
たまに、見ています。
ワタクシはrock 畑出身の最近クラブに目覚めたおじさんです。
この世界観もいいですね。
ダビーな感じが。
事務的な無機質な感じが。
夜に最高ですね。
| jamken | 2013/07/27 2:43 PM |
>jamkenさん
こんにちは。どうもありがとうございます。
私も10代の頃はロックばかりでしたが、何の因果か今はクラブミュージックにどっぷりはまっております。

無機質な表層ながらも仄かに人間臭さもあってSTEREOCiTIの作品はお勧めです。真夜中のクラブで聴くと、きっと最高でしょう
| マチュ | 2013/07/27 6:10 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3153
トラックバック