CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 醸し人九平次 純米吟醸 rue Gauche 2012 | main | Horror Inc. - Briefly Eternal (Perlon:PERL95CD) >>
Bicep - Vision Of Love (KMS Records:KMS120)
Bicep - Vision Of Love

Kevin Saunderson率いるKMSの新作は、アイルランドはベルファスト出身のAndrew FergusonとMatthew McBriarによるBicepのエディット盤だ。エディットを手掛けたのはKevinと郷里を共にするデトロイトのCarl Craigで、大御所レーベルであるKMSと大物アーティストの絡みは話題性抜群だろう。Bicep自体は2010年頃にデビューした制作面に於いてはまだ若手と言える存在だが、Aus Musicなどの実力派レーベルから多数の作品をリリースし注目を集めている。本作では作曲にKevin Saundersonも参加した上にCarl Craigがエディットを手掛けているのだから当然悪いわけはないが、作風としては90年代のミドルスクール・ハウスを意識しているように聞こえてくる。例えばKevinによるInner Cityの派手な商業面を意識しながらもソウルフルなガラージとしても通用するボーカル・ハウス路線で、一聴して耳に残るメロディーやボーカルの旋律は流石のベテラン芸だ。それをC2がオリジナルに忠実ながらも絶妙に溜めを作るように音の抜き差しやイコライジング処理と引き伸ばしを行っているので、よりフロアでのツール的な面を強調しながらも自然と盛りがっていくエディットへと昇華している。拳を握って歌いたくなるホットなボーカルや古典的なピアノのコード展開などコテコテなハウスではあるが、こんな基本を抑えた音楽は何時であろうと時代に左右されずに心に響くのだろう。

試聴

Check "Bicep"
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3165
トラックバック