CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Kuniyuki feat. Henrik Schwarz - The Session 2 Remixed (Mule Musiq:mule musiq 163) | main | Unknown - Clubmate 001 (Clubmate:CMATE-001) >>
Kaito - Recontact (Octave-lab:OTLCD1970)
Kaito - Recontact
Amazonで詳しく見る

10年以上に渡りレーベル唯一の日本人としてKompaktから作品を送り出し続けているKaito。Kaito、またの名をワタナベヒロシはかつてKompaktの魅力を世に伝えるべく"Contact To The Spirits"(過去レビュー)と言うKompakt音源縛りのMIXCDを制作したが、2013年はレーベルの20周年記念と言うこともあり再度同じアプローチを手掛けるのに最適な瞬間であったのかもしれない。本作はその企画が還ってきた事、そして再度レーベルの音楽性と接触する意味合いも込めて"Recontact"と名付けられている。前作と明らかに異なる点は2枚組であり、1枚目は確かにKompakt音源のみなのだが、2枚目は傘下のSpeicherの音源を使用している事だ。Kompakt Sideに関しては膨大なカタログと多岐に渡るジャンルを取り扱うレーベル性をあまねくとは言えなくとも、しかし非常にストイックなミニマル性からシャッフルするテクノの躍動感、またはレーベル発足当初から息衝くアンビエントな佇まい、そして忘れてはならない快楽的ともさえ思われるポップな世界観まで掬い上げ、スケール感の大きい展開を生み出す緩急を付けたミックスを行い、これぞ正しくKompaktと言える世界観を引き出している。対照的にDJツールとして機能美を引き出したと言えるのがSpeicher Sideであり、こちらはKompaktに比べると多様性よりも断然ダンス・ミュージックとしてのグルーヴ感を主張したトラックが並んでいる。勿論全く幅が無いだとか味気ないツール集だとかそんな事はないが、ハイエナジーに漲るラフな攻撃性や図太いグルーヴながらも疾走感を伴っており、肉体に直接作用する事を目的とした音楽性がSpeicherなのだろう。不気味ささえ発するエグい狂気や平常心がドロドロと融解するトランス感覚もあり、Kompaktでは出来ない音楽性を実験しているようにさえ聞こえる。Kaitoと言う同じ一人のDJが手掛けながらも、兄弟レーベルでの違いをまざまざと感じさせれる事に興味を覚えつつも、Kaitoらしい激情が溢れる心情の吐露が大きな波となって迫り来るMIXCDだ。

Check "Hiroshi Watanabe"

Tracklistは続きで。
Disc 1 - Kompakt Side
01. Popnoname - Deutz Air
02. Mikkel Metal - Blue Items
03. Markus Guntner - In Moll 3
04. Gustavo Lamas - Jovenes
05. Thomas Fehlmann - Alles, Immer
06. Walls - Into Our Midst
07. Coma - Playground Altona
08. Justus Kohncke - Yacht
09. Superpitcher - Moon Fever Remixe (Gluteus Maximus Mix)
10. Lawrence - Teaser 4
11. SCSI-9 - Vesna, Lastic & Elliott
12. Jatoma - Paper Lights
13. GusGus - Over (Life & Death Mix)
14. Dettinger - Therefore
15. All - Alltag 2
16. Geoffroy & Kolombo Present Mugwump - Fears Inc.
17. Peter Grummich - Schleusen Auf 3
18. Jonas Bering - Lincoln Road
19. The Modernist - Remodernist
20. Kaito - Run Through The Road In The Fog
21. The Field - Leave It
22. Saschienne - Neue Acht
23. Terranova - Painkiller feat. Bon Homme
24. Michael Mayer - Good Times (Agoria Sunlune Mix)
25. Kolombo - Waiting For
26. Gregor Schwellenbach - Kaito's Everlasting

Disc 2 - Speicher Side
01. Michael Mayer - Capiche
02. Reinhard Voigt & Michael Mayer - Bring It Back
03. Sog - Sog 2.2
04. Sei A - Play My Mind
05. Magnet - Kisskisskiss
06. Matzak - Magneto
07. Nerk & Dirk Leyers - Stepshifter
08. Davidovitch - Cellophane
09. Voigt & Voigt - Synthesize
10. Superpitcher - Lick The Pipe
11. Naum - Ari
12. Jürgen Paape - Fruity Loops 1
13. Oxia - Not Sure
14. Quince - Lost
15. Perc & Fractal - Up
16. Gui Boratto - Matryoshka
17. Richard Bartz - Diamond Girl
18. M Of M - Prototypes (Exclusive Mix 2)
19. Kolsch - Loreley
20. Mathew Jonson & The Mole - Dirt Road And A Boat From Soundwave
21. Perc - Headphone Heart
22. Nick Hoppner - Ipso Facto
23. DJ Koze - Brutalga Square
24. Alex Millan & Lorent Air - Ironik
| TECHNO10 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3194
トラックバック