<< 2013/10/26 DAWD Vol.5 @ Oath | main | Ian O'Brien - I Was There 1995-2000 (Octave Lab.:OTLCD1966) >>
Crystal & S. Koshi - Break The Dawn (Beats In Space Records:BIS010)
Crystal & S. Koshi - Break The Dawn
Amazonで詳しく見る(MP3)

エレクトロニックミュージックを手掛けるNYの新興レーベル・Beats In Spaceは注目すべきレーベルで、前作は日本からGonnoを迎えて新作をリリースしたが、新作も続けて日本からのCrystalの作品と話題性抜群だ。CrystalはCrue-L Recordsからの過去2作において絶対的な多幸感、目も開けられない眩い光に包まれるバレアリックな世界を展開したが、この新作においてもそれを踏襲している。"Break The Dawn"ではボーカルも起用して祝祭を彩るかのような雄叫びがポジティブに響き渡り、Crystalらしい輝かしいピアノのコード展開が闇のヴェールを切り裂いて、圧倒的な高揚感を以ってして快楽への絶頂へと上り詰めるピークタイム仕様のテクノを繰り広げている。"From Red To Violet"の平たいビートは大らかながらもどっしりした安定感があり、そこに執拗に繰り返される輝かしいシンセリフを乗せたトラックは、ミニマルかつディスコ・エディット的な作風には多幸感のみならずファンキーな要素も含んでいる。どちらの曲にも言える事は決して闇や不安に囚われる事なく、常に前進するポジティヴでエネルギッシュな意志が通底しており、パーティーと言う真夜中のフロアに道を指し示す光で照らすような希望が溢れている。Crystalと言う人間はきっと元来根明なんだろうと思わせられる程に、彼の曲は常に力強く輝いている。

試聴

Check "Crystal"
| TECHNO10 | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 11:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3229
トラックバック