CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< SDC - Correlation EP (Royal Oak:Royal 19) | main | Flare - Dots (Sublime Records:XQLP-1003) >>
Jackson And His Computerband - Glow (Warp Records:WARPCD238)
Jackson And His Computerband - Glow
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
テクノの枠に固執する事なく拡大を続けるWarp Recordsにて、そのレーベル性を主張すると言ってもよい存在であるJackson And His Computerband。2005年に華々しくWarpよりカットアップされヒップホップ特有の揺れも含む俗っぽいテクノで一躍注目を集めたが、それ以降のこの2ndアルバムまでの8年間は殆ど活動を停止していたようだ。そして突如としてJacksonは帰還したのだが、活動停止の期間が長かったせいか音楽性は思ったよりも変化している。特に目立つのはロックンロールのリズム感で、アルバムの序盤は強烈な8ビートが耳につく。音自体はエレクトロニクスを駆使してピコピコとしたレトロフューチャーな味わいがある上に、ビートがロックのそれなのでテクノではなくニュー・ウェーブやグラムロックの懐古的な世界観が付き纏っている。破天荒に暴れるどぎついシンセのメロディーや前のめりなビートなど、体の中に眠る抑えきれないエナジーを発散するような様はまるで無邪気な子供のようだが、ただ何となくWarpの変化を恐れない拡張とは異なるものも感じる。カットアップやサンプリングを駆使して新世代のフレンチ・エレクトロと評された前作に比べると、本作では単に後ろ向きにロックンロールを取り入れたようにしか響いてこないし、音楽的斬新さと言うものを見出す事は出来ない。アルバムの後半ではロックを意識させないポップな電子音楽も収録されており、そちらの方がロックの枠に当てはまらずカッコイイ電子音楽となっているのは皮肉なものだ。果たしてロックのリスナー、またダンス・ミュージック好きなクラバーのどちらに訴求出来るのか不明だ。

試聴

Check "Jackson And His Computerband"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック