<< The Gherkin Jerks Compilation (Alleviated Records:ML-9016) | main | Ben Sims - Fabric 73 (Fabric Records:fabric145) >>
Rising Sun - Pause EP (Fauxpas Musik:FAUXPAS 013)
Rising Sun - Pause EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

ドイツはハンブルグのFauxpas Musikはディープ・ハウスとダブ・ステップを融合させたような面白い音楽に取り組み、Sven WeisemannによるDesolate名義やNick SoleにYoko Duoらの作品をリリースしている。もしそんなレーベルに興味を持たれたならばSteffen LaschinskiことRising Sunも、注目しておいて損はないだろう。Rising SunにとってFauxpas Musikからは2枚目となる本作はディープ・ハウス色が強めだが、踊らせる事だけを目的としないホームリスニングも意識した作風だ。冒頭を飾る"After Party (LA)"からしてボーカルを交えて控え目なエモーションを漂わせているディープ・ハウスだが、そこに熱気や汗の臭いは全くなく俯瞰したような落ち着きがある。続く"Think Twice (Dub)"では爽快なパーカッションと骨太なキックが揺さぶりをかけ、黒人が生み出すファンキーな要素もありつつやはりひんやりと低音を保っている。メランコリーなピアノの旋律が零れ落ちる"Everybody"はしっとりと濡れるように情緒的で、"In My Heart Of Hearts (Version)"は幽玄なストリングスと淡々と呟かれる言葉がまるで映画の一場面に挿入されるサントラを思わせる。どの曲にも控え目に一歩引いたふんわりとしたメランコリーが通底しているが、感情を爆発させると言うよりはじんわりと染み渡らせる滲んだ音の鳴りで、とても慎ましく達観したような侘び寂びさえ感じられる。EPではあるが6曲とそれなりのボリュームがあるので聴き応えは十分なのと、更にはクリアカラーヴァイナルと言う仕様が購買意欲を掻き立てるだろう。



Check "Rising Sun"
| HOUSE9 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3291
トラックバック