CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Nightmares On Wax - Feelin' Good (Warp Records:WARPCD241) | main | 2014/1/17 UNIT / root & branch presents UBIK "THE FIELD JAPAN TOUR 2014" @ Unit >>
Kaoru Inoue - Etenraku (Quantonic Remix) (Seeds And Ground:SAGV032)
Kaoru Inoue - Etenraku (Quantonic Remix)

井上薫が掲示する"A Missing Myth"="(未来の)失われた神話"と謎めいたタイトルを付けられたアルバムから、その神話が未来へと続くようにリミックス作品がシングルカットされた。アルバムに収録されていた"Etenraku"は越天楽という雅楽の演目から名付けられているそうで、アフリカンな躍動感のあるパーカッションを用いながらもどことなく和の神妙な香りを放っていた。それをリミックスしたのがCitiZen of Peace名義でも活動するIgnat Karmalitoで、今作ではQuantonic名義を用いてトラベラー気質なトランス感を打ち出した音楽性を添加する事で、和の音色を含みながらもよりワールド・ミュージック的な異文化を感じさせる音楽へと昇華している。ベースとなるリズム自体がフロア寄りの4つ打ちへとなった事で当然の如く疾走感溢れるダンス・ミュージックに変わっているが、それと共に恍惚感溢れるぶっといシンセが重層的に織り込まれ体の内側からエネルギーが溢れ出るような勢いは、世界各地を旅して体験した原始的な衝動が反映されているようだ。ワールド・ミュージックと言う音楽的な相性で考えても、井上薫とIgnatの相乗効果がトランス作用として働いている。裏面にはEsoteric Movement名義で2曲が収録されているが、こちらはより井上薫らしい人間の奥底に眠る踊る欲求を呼び覚ますような、一般的なクラブ・ミュージックとは異なるも踊る為の音楽として取り組んだ成果が表れている。本人の発言では日本の伝統的な祭り音楽をモチーフにダンス・ミュージックとして制作したそうだが、人間に生来備わっている本能の解放を目指す爆発的なエネルギーは、確かにダンス・ミュージックのそれと同じものなのかもしれない。原始的で土着的な分だけむしろ本能を刺激する効果は高く、井上薫によるワールド・ミュージックへの造詣が感じられる作品だ。



Check "Kaoru Inoue"
| TECHNO10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3295
トラックバック