<< Rising Sun - Pause EP (Fauxpas Musik:FAUXPAS 013) | main | 2014/2/1 Gift feat. CASSY @ Air >>
Ben Sims - Fabric 73 (Fabric Records:fabric145)
Ben Sims - Fabric 73
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
時代と共にシーンに寄り添うアーティストも入れば、そんなのはお構いなしと愚直なまでに自分のスタイルを貫き通すアーティストもいる。Ben Simsは間違いなくその後者に属するアーティストで、90年代後半のハードミニマル隆盛の時代からシーンの最前線へと飛び出し、00年代に入ってから周りがエレクトロやディープなテクノへと転身する中で、今でもスタイルを守りつつ残っている数少ない存在だ。ヒップホップのDJからスタートしたと言う彼の芸歴は本作でも活きており、3台のCDJを使用してライブミックスを行った上にエディットを施し、それらを最終的にAbletonでミックスし直した事で怒涛のハードグルーヴが渦巻くミックスとなった。ベテランからアンダーグラウンドなアーティストまで44曲にも及ぶトラックを使用し、その中には自身によるエディットを含め18曲も未発表曲が含まれていると言う事実は驚愕だが、音自体はBen Simsと言わざるを得ないどこか古臭さも残りながら野性的で図太い。執拗なまでの4つ打ちを貫きつつ矢継ぎ早にミックスされる事で、全体を通して一つの音楽となるような曲の境目も気にならない痛快なプレイだが、恐らく現在のシーンと照らし合わせるとやはり何処か野暮ったいと言うか時代から取り残されている感は否めない。しかしこの音こそがBen Simsを個性付けているとしたら、疑う事なく自身の道を歩み続ける彼の気概は本物だ。エレクトロやシカゴ・テクノのファンキーさとハードテクノのシャッフルする疾走感、そこに少々のミニマルのディープな要素も織り交ぜつつ、後半に進むに連れて草を刈り取る芝刈り機のように全てを巻き込みながら爆走するグルーヴ感の前には抗う事など出来やしない。ハードなだけの音楽には飽きつつもある当方だが、たまにこんな愉快痛快で突き抜けたミックスを聴くと何だか心が沸き立ってくる。

試聴

Check "Ben Sims"

Tracklistは続きで。
01. Joton - GS 01
02. Kryptic Minds & Paul Mac - Icon
03. Kirk Degiorgio - Dread
04. Alden Tyrell - Wurk It
05. Ben Sims - The Little Jam (Edit)
06. Floorplan - Higher (Ben Sims Remix)
07. Gingy & Bordello - All Day (Robert Hood Remix)
08. Dimi Angélis & Jeroen Search - Monopole (Sims JFF Edit)
09. Tripeo - Kienokki (Edit)
10. Benjamin Damage - Recursion
11. Ben Sims - Raise Your Hands (Mr G Remix)
12. Mark Broom - 133
13. MDL vs JR - Belmont (Edit)
14. Marcel Dettmann - Corebox (James Ruskin Blueprint Mix)
15. Mark Ambrose -- Shooting Stars (Fokus Group Remix Edit)
16. Robert Hood -- Moveable Parts (Untitled 1 - Mark Broom Edit)
17. Ben Sims -- Break Glass (Sims Remix Edit)
18. L-Vis 1990 - SDS5000
19. Sandrien - I Left My Girlfriend In A Club (Edit)
20. J Tijn - U U U
21. Nphonix - Tactix (Sims JFF Edit)
22. Mike Dehnert - Eigenzeit
23. Ben Sims - Break Glass (L-Vis 1990 Dance System Remix Edit)
24. L--Vis 1990 - Wires
25. Donnie Tempo - Tazmanian Virus (Sims JFF Edit)
26. Chicago Skyway - Fall Down (Sims JFF Edit)
27. Chicago Skyway - Ride 3 (Sims JFF Edit)
28. Truncate - Room Mode
29. Truncate - Model 1
30. Paul Mac - Grind Returns (Ritzi Lee Remix)
31. Ben Sims - Samurai (Edit)
32. Julien H Mulder - Symmetric Timeline (Sims JFF Edit)
33. Rod - 90's (Edit)
34. Ben Sims - Something (Sims Beats Mix Edit)
35. Terrence Dixon - Minimalism A1 (Ben Klock Remix)
36. Ø [Phase] - Distracted
37. Ben Sims - Dream State (Edit)
38. Ben Sims - Raw Hide
39. Pfirter - Ahora (Sims JFF Edit)
40. Ben Sims - Neurosis (Surgeon Remix Edit)
41. Clouds - Chained To A Dead Camel
42. Fokus Group - Nut Nut
43. Ben Sims - Joyrider (Trevino Remix Edit)
44. Special Request - Broken Dreams
| TECHNO10 | 10:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 10:00 | - | - | |

コメント
ベンの久方ぶりのMIX CDということで期待しましたが、過去作と比べるとどうも一本調子であまり面白くありませんでした。自分のスタイルを貫きつつも、様々な要素を取り込んでいったサージョンに対して、ベンはとにかく我が道を行くという感じですね。ちょっと選曲下手なところは否めません。ただこれはベンの責任だけではなく、ハードテクノに、もはやいい曲がないというのも原因だと思います。
| ゾウィ | 2014/02/02 9:29 AM |
>ゾウィさん
ゾウィさんの仰る通りでどうしてもハードミニマルのアンセムみたいなのも生まれてはいない状況で、昔と同じスタイルでDJをやると難しそうですね。前にBenとSurgeonが共演した時も、前者はもっさり、後者はキレがあってスタイルの違いもはっきりはりました。ハードミニマルの時代が戻ってきた時に、Benは再評価されるかも?
| マチュ | 2014/02/02 7:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3303
トラックバック