CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Garnier - AF 0490 (Still Music:STILLM037) | main | 2014/4/12 湯WIRE14 -春- @ 綱島ラジウム温泉 東京園 >>
Four Walls & Funkyjaws - One Night In Grodno (Kolour LTD:KLRLTD015)
Four Walls & Funkyjaws - One Night In Grodno

確実に勢力を盛り返しつつあるハウスも現在の中心地がベルリンである事に異論は無いが、アメリカに於いても一時期よりはハウス熱を戻ってきているようには感じられ、その一旦にはデトロイトからの新興勢力であるKolour Recordingsがある。本作はそのレーベルの限定ラインであるKolour LTDからの新作で、ベラルーシのMihail ShvaikovskiことFour Wallsと同郷のSergey AbramovことFunkyjawsの若手二人の共作となっている。二人ともまだ20代前半であり知名度がまだまだなのは当然だが、本作に於ける豊かな情感が広がる円熟味あるハウスは今後を期待させるには十分過ぎる程だ。エレガントなエレピのコードが下地になりつつ、その上を官能的で艶のあるサックスがアドリブ的に舞う"Jazzy Thing"、同じく気品のあるサックスの演奏と共に幾分かパーカッシヴな4つ打ちが躍動的な"His Name Is Eddie"、どちらも新鮮味には欠けるもののデトロイトの感情的な面も含みながら都会的な洗練された空気を纏っていて、現時点で既にベテラン的な貫禄を漂わせている。裏面にはソウルフルな歌を用いて郷愁が染み渡る黄昏時のハウス"Love Train"や、優雅な旋律を奏でるエレピに軽快なグルーヴ感が爽やかな風を誘い込むジャジー・ハウス"From Us"と、こちらも胸を締め付けるような切なさが堪らない。ジャズにファンクやディスコなど黒人音楽の要素が多くありながら、汗臭くなり過ぎずにさらっと聞かせるようなバランス感覚が今っぽくもあり、リスニングとしても耳を虜にするだろう。



Check "Four Walls" & "Funkyjaws"
| HOUSE9 | 22:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3345
トラックバック