CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Kaoru Inoue - The Dancer (Seeds And Ground:SAGCD007) | main | Leftfield - Rhythm & Stealth (Columbia Records:CK68529) >>
Ron Trent - Abstract Afro Journey (King Street Sounds:KCD-238)
Ron Trent-Abstract Afro Journey
Amazonで詳しく見る
 Amazonで詳しく見る(MP3)
実は昨日Ron Trentが来日していました。以前Yellowでそのプレイを体験し、深い世界観とアフロトライバルな音に陶酔しておりました。そんなクラブでのプレイをこのMIXCDでも聴く事が出来ます。今までKing Street Soundsは「Abstract Afro Lounge」「Abstract Laten Lounge」「Abstract Jazz Lounge」と言ったコンピレーションアルバムを送り出していましたが、遂に今作ではクラブプレイをそのままCD化する事になったのです。RonのMIXCDは今までどれも外した事が無くどれも素晴らしいのですが、今作はその中で一番トライバル感が強いと思います。彼のプレイから打ち鳴らされるパーカッションは野性味溢れる躍動感があり、都会から遠く離れた神秘の森が目の前に広がってきます。そしてそこに古くから住む先住民が夜な夜なお祭りをしているような熱狂、興奮が伝わって来る様です。このどっしりと重く大地に根ざしたリズムは、都会の人間が忘れた人間の本能を呼び起こす物です。またリズム中心な選曲に思われがちかもしれないが、Ronはアトモスフェリックなプレイも得意とし、スピリチュアルでアンビエンスなメロディーも入ってくるのでうっとりと気持ち良くなれます。まるで母なる大地と無限の空を行き来する様なグレイトジャーニー。あぁ、これこそ「Abstract Afro Journey」なる由来だったのかと聴き終わった後には、安堵の気持ちが呼び起こされます。ディープかつアフロトライバルなMIXCDでは、真っ先にお勧め出来る一枚でした。

試聴

Check "Ron Trent"

Tracklistは続きで。
1.Basil - Time To Be Free (Free Words)
2.Sirius Be - African Dreamland (Afro Lounge Mix)
3.Anthony Nicholson - Revolution (Miquifaye Extended Pass)
4.New African Orchestra - Village Dance (USG Village Dance)
5.USG feat. Monica Elam - Ebony Angel (JuJu Dub & Ebony Angel Vox)
6.T.P.O.- Hiroshi’s Dub (Real Life Version)
7.Alton Miller - Love Inside (Detroit Dub)
8.Mateo & Matos - Congo Deep
9.Ananda Project - I Hear You Dreaming (Album Version)
10.Ron Trent - Afro Journey Beats
11.Romatt pres. Afro Centric Vibe - Let’s Be Free (Deep Instrumental)
12.Dennis Ferrer- Dem People Go (DF’s Kicked Out Mix)
13.Kerri “Kaoz 6:23” Chandler- Nigelian Travels (Kaoz 6:23 Mix)
14.Ron Trent pres. Kings Dub - The Rhythm (Afro Lounge Extended)
15.Ron Trent pres. Kings Dub - Welcome Sire (Rockers Extended)
16.DJ Spinna - Deep Rooted (Alternative Mix)
17.Ananda Project feat. Gaelle Addison - Cascades of Colour (Wamdue Black Mix)
18.Kerri Chandler - Ye Yo Ma (Kaoz Drumz & Kaoz 6:23 Mix)
19.Blaze - Season of Love (Early Morning Mix)
| HOUSE1 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/338
トラックバック
HIDEO SASAKI
一部の人にとっては説明不要だと思うが一応もう一回だけ説明しよう。 音楽と人間性が一致しない男。DJ KRUSHの5枚目のアルバム”覚醒”に参加したロービート・チルドレンの一人。他にもASAやK.Kといった新人アーティストがこの作品を機に羽ばたい た。しかしHIDEO
| ABSTRACT DISTRIBUTION | 2005/08/12 7:58 PM |