<< Ron Trent - Abstract Afro Journey (King Street Sounds:KCD-238) | main | Dave Clarke - World Service 2 (Resist:RESISTCD45) >>
Leftfield - Rhythm & Stealth (Columbia Records:CK68529)
Leftfield-Rhythm & Stealth
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
7月下旬にシスコアルタに訪れるとラストセールの最後の最後なので、異様にCDが安かった。アルバムが500円とかで買えた訳なんですよ、はい。で、このアルバムは今までCDRでしか持ってなかったから、安いなら買っちゃえ〜と勢いで購入。久しぶりに聴いたんだけど、ダークはダーク、暗黒エレクトロ+ミニマルテクノって感じの痺れまくりな一枚ですな。名盤の1STアルバムから想像だに出来なかった変化を遂げた、2NDアルバムにしてラストアルバム。1STアルバムはイビザ的な高揚感と開放感に溢れたプログレッシブサウンドって感じで、派手で弾けてて一般的に受ける様なメジャーな音だったと思います。しかしこのアルバムはどうよ?1STアルバムの様なのを期待してた人の半分以上を裏切ったんじゃないのかな。実は僕もそんな人でありまして、当初は全然好きじゃなかったんだけど…いつのまにかハードなトラックにすっかりはまっていましたね。ダブの重心にヒップホップなリズム、ミニマルなテクノが融合しごっつい硬めのトラックがびっしり。ただハードミニマル勢のアーティストが出す音とはまた微妙に違って、それはやはり黒さを感じる所なのかもしれない。硬めのトラックの間には、ダウンテンポでチルな落ち着いた曲も挟まっていて、アルバムとしてもバラエティに富んで飽きる事が無い。余りにも1STからのからの変化が大きいけれど、この変化は想像以上に素晴らしくまじかっけぇぇぇ!爆音で聴いたら発狂しそうだね。

Check "Leftfield"
| TECHNO2 | 22:30 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:30 | - | - | |

コメント
このアルバムよく見かけますよね^^
実は恥ずかしながら、レフトフィールドは知っていたんですが、一度も聴いた事がないのです…。
なんかこのCDが出始めの頃、CDショップのコメとか見た時"Hip Hop"が凄く強調されていて、ハズレを引きそうだったので…。それ以来中古CD屋でもよく見かけるけど買ってなかったのですが、マチュさんのレビュー見て興味がでてきました!!
ダークなエレクトロにミニマルテクノ!!イイですねぇ〜。
さっそく買ってこようかなぁ♪
| Hide | 2005/08/06 2:09 AM |
>Hideさん
結構ヒップホップ色は強いと思いますよ。
それなのにミニマル…説明しずらいのですが
ただジャンル的にはテクノって音だし、はまる人には
かなり来るものがあると思います。
暗いって事は間違いないですね
| マチュ | 2005/08/06 9:47 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/339
トラックバック