CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Omar-S - FXHE 10 Year Compilation Mix 1 (FXHE Records) | main | Kerri Chandler - Watergate 15 (Watergate Records:WG 015) >>
池上 久松温泉
久松温泉

都内に銭湯は数あれど午前中から営業しているところはそう多くはない。有給休暇をとって暇だったので朝から何処か銭湯に行きたかったので探してみたところ、東急池上線の池上駅から徒歩5分の場所にある久松温泉は10時から営業との事なので、開店と同時に入浴しに行ってきた。
現地へ着くと久松温泉の見かけは現代風ビルとなっており、一見温泉銭湯とは思えない姿をしている。しかし中に入れば昔風に番台があり、休憩室にはソファーやTVもあるが鄙びた印象が漂っている。番台で入浴料を支払い脱衣所へと入ると、こちらもやはり昔風のロッカーがあり時代を感じさせる。汚くはないが下町風と言うか、鄙びていて良い意味で地域密着型の雰囲気は強い。

早速服を脱いで浴場へと入ると、真ん中に白湯の浴槽と円形のジャグジーが一つ、その奥に黒い温泉が満たされた浴槽が大小一つずつと、計四つの浴槽があった。右側には複数のカランの列と、左手前に四つ程のカラン、右奥にスチームサウナとまあ一般的な銭湯とそれ程大きな違いはない。しかし朝一にもかかわらず多数のおじいちゃんが入浴しにきており、浴場の中もモダンそうなタイル使いなのに、やはり鄙びたと言うべきか落ち着いていると言うべきかゆっくりとした時間が流れていた。

さて目的の黒湯だが、先ず大きい方に入ってみると冗談抜きに熱い。地元のおじいちゃんたちも黒湯に入らずにジャグジーなどを堪能していたのは、これが理由だったのか。しかし我慢して入ると、ポカポカと体の芯から温まってくる。泉質はナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉、東京にはよくあるタイプの黒湯だが、しかし本当にここの黒湯はコーヒーの様に黒い。透明度は5センチもない位に黒いコーヒー温泉だが、かといって濁っているわけではなく綺麗な湯をしている。強い特徴があるわけではないがモール臭がありツルツルした質感で、とても気持ちの良い温泉だ。また蛇口からは冷たい源泉を好きなだけ出す事も可能だ。そしてもう一つの小さい浴槽の黒湯だが、こちらは深くなっており中腰で入るような感じになっている。しかしこちらは更に熱い、熱過ぎる、温度は45度を越えているだろう。冗談抜きに熱すぎて地元の人が誰も入っていないのだが、私は折角遠くから来たので我慢して体を沈めるも、一分も入浴など出来やしない。体が茹でダコのように真っ赤になってしまい、肌も何だかヒリヒリする。いや、流石に熱すぎて誰も入らないのはおかしいだろうと突っ込みたいが、何処かに需要があるから熱くしているのだろうか。

残念ながら水風呂は無いのだが、浴場の奥には天井のない休憩所がありそこで涼む事が出来るのはありがたい。ベンチに腰掛けぼ〜っとしながら外気に触れるだけで、す〜っと爽やかに体の熱も引いていく。天気も良く陽の光も射して、何だか清々しい気分で心が洗われるというものだ。何度か黒湯を堪能してから脱衣所で服を来ていると、地元のおじいちゃんが「若いのに、熱い方の黒湯によく入ったね。熱くて誰も入らないよ。」と褒めてくれたが(笑)、やはり誰も入らないのだなと悟ったのである。

HP:久松温泉
住所:東京都大田区池上3-31-16
電話番号:03-3751-0119
営業時間:10:00-24:00
休業日:火曜日
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック