CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Guillamino / Esteban Adame - Tegami (Ican Productions:ICAN 012) | main | 2014/8/8 DAIKANYAMA UNIT 10th ANNIVERSARY Maurice Fulton x dj sprinkles @ Unit >>
Anomaly - Red Clouds (Soul People Music:SPM-021)
Anomaly - Red Clouds

現在テクノとハウスの両面からDJとしてもトラックメーカーとしても羨望の眼差しを受けるFred P.は、一時期程の活気が無いNYハウスのシーンの中で自身のスタイルを確立しながら奮闘している。誰かがリリースしたEPの中にリミキサーとしてFred P.の名を見つけるのは毎月の事で、そんな現状からでもFred P.の人気と実力を計り知るのは容易い。本作はFred自身が主宰するSoul People Musicからの新作で、Anomaly名義でいつもとは異なる名義ながらもファンが期待する骨太で抒情的な世界観は変わらない。何と言っても白眉なのがA面に収録された"Tunnel Vision"で、立体的に飛び出るような太いキックが生み出す迫力の4つ打ちに、ミニマルな展開ながらも覚醒的なリフとふわふわと掴み所のないパッドが被さり、宇宙感覚な壮大さを生み出す完璧なまでのディープかつハイテックなハウスは間違いなくフロアを熱狂させるだろう。B面の"Dark Room"はそのタイトル通りに暗くアブストラクトな音像が続く無機質でテクノ寄りなトラックだが、心地良く継続するリズム感はハウスのそれであり、この中庸なバランス感覚はテクノ/ハウスの両面で評価される所以だろう。最後の"Above Below"は2011年にSoul People Musicからリリースされたコンピレーションアルバム"C.O.M.E."からの再収録だが、これはデトロイト・テクノやアンビエントの要素も伴うFredの音楽性が十二分に発揮された曲だ。煌めくような光沢感のあるシンセが薄く延びる様は深遠なる宇宙の広がりを感じさせ、そこに打ち付ける清涼感あるパーカッションやコズミックな音が飛び交いながら次第にキックが入り出し、いつの間にか宇宙空間へと飛び出しているよう展開は言葉を失う程に感動的だ。もうデトロイト・テクノと呼んでも良いかもしれないし、Mad Mike病に冒されている可能性もあるだろう。敢えて別名義でのリリースとなった理由は分からない普段通りの作風だが、だからこそFred P.のディープな作風が活きており素晴らしい。



Check "Fred P."
| TECHNO11 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 20:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3432
トラックバック