<< 2014/11/23 Excursion @ Oppa-la | main | Various - Special Edition 03 (Balance Music:SE03) >>
Ben Hoo & Iori Wakasa - Panta Rhei EP (Highgrade Records:HIGHGRADE158D)
Ben Hoo & Iori Wakasa - Panta Rhei EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
パーティーにおけるテクノからディープ・ハウスまで駆使するDJとしての評価は言わずもがな、トラックメーカーとしても注目を集めている若手アーティストのIori Wakasaだが、その新作はロンドンのアーティストであるRaiko MattaことBen Hooの共作となっている。本作のテイストはどちらかというとミニマルかつディープな作風が強めで、昨年の"Earth Steps"を踏襲しているように思われる。A面にはBPMを抑えた"Panta Rhei"が収録されているが、奇妙なボイス・サンプルやダビーな効果音に細かいパーカッションなどが複雑に入り組んだ作風を成しているが、ひんやりとした温度感やねっとりとした重心の低いビート感が継続しパーティーの序盤に映えるような粘着性の高さがキモだろう。B面の"No Intrusions"は多少しんみりとしたテック・ハウス寄りで、朧気なシンセの反復を軸に上下に揺さぶるリズミカルな4つ打ちで継続感を生み出している。本盤で注目すべきは"Quench"だろうか、奇妙なパーカッションやら湿ったキックや効果音が変化球的なリズムを作り、次第にしなやかな4つ打ちハウスへと変化するハウスだが、この繊細な音質とリズム主体の酩酊感溢れるグルーヴは昨今のルーマニアン・ハウスを喚起させる。殆どメロディーはなく足元がふらつくような酔い加減が心地良くDJツールに特化した曲だが、パーティーの中でどっぷりとした底無し沼を作る為にミックスする流れに自然とはまりそうなディープ&ドープな性質がある。この手の音楽も手掛けるのかという驚きもあるが、単に物珍しさだけでなく曲として素晴らく成立しているのだ。



Check "Iori Wakasa"
| TECHNO11 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3487
トラックバック