<< Deetron - Fabric 76 (Fabric Records:fabric151) | main | Adventures In Techno Soul 3 (Ferox Records:FERLP9) >>
Rondenion - 2-5-1 EP (Roundabout Sounds:RS010)
Rondenion - 2-5-1 EP

10年以上もの長い活動を経て遂に昨年Rondenion名義では初のアルバムとなる"Luster Grand Hotel"(過去レビュー)をリリースしたHirofumi Gotoだが、今年になってもその勢いは衰える事なくダブルパック12"仕様での新作をリリースした。日本に於けるビートダウン・ハウスの先駆者の一人でもあるが、その音楽性はこの新作に於いても変わる事なくラフな質感を残しながら黒い芳香が香るファンキーなハウスを披露している。新作は3曲を収録しているが、アシッド風なベースラインが迫り来る中でおどろおどろしいボイスサンプルやフィールド・レコーディングを思わせるSEを導入した"Strange Love"は、ミニマルな展開を強調したブラック・ハウスだ。ビートダウンの持ち味を活かしたのは"That's Right"で、同じくボイスサンプルを用いながらも粘着性のあるグルーヴと煙たい音像が渦巻いて混沌とした黒さに染まっている。またアップテンポでアフロな4つ打ちが爽快な"Deep Step"も収録されており、コンガなどの原始的なパーカッションや色気のあるエレピのコードを交えて妖艶なハウスを展開。オリジナルの3曲からしてRondenionの色気や黒さが十分に伝わってくるだろう。それに加えてデトロイトからD WynnとMike Grant、そして本作をリリースしたRoundabout SoundsのオーナーであるJoe Babylonがリミックスを提供している。オリジナルよりも更にミニマル・ハウスなクール性を打ち出した"Strange Love (D Wynn's Detroit Rise Up Mix)"、デトロイト・ハウスらしく物哀しいエレピを用いて慎ましいエモーションで包み込んだ"Strange Love (Mike Grant's Late Night Mix)"、スムースな4つ打ちへと塗り替え小洒落てモダンなディープ・ハウスへと仕立てた"Deep Step (Joe Babylon's Roundabout Dub)"とリミックスの方もどれも充実している。結果的には強烈な黒い個性を発する原曲とクラブでの鳴りを意識したリミックスを収録し、濃ゆい内容となった期待通りのダブルパックだ。




Check "Rondenion"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3493
トラックバック