<< Hardfloor - The Art Of Acid (Hardfloor:HFCD 04) | main | YOSA - Magic Hour (ANDY:ANDY001) >>
チームしゃちほこ いいくらし EP (HMV Record Shop:SHA001)
チームしゃちほこ - いいくらし EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)

突如としてレコード専門店にアーティスト名が不詳のブート盤が出現したのだが、そこには曲名の記載などはなくリミキサーとして今うなぎのぼりの評価を得るGonnoやDr.Tettoの名前のみが記載されていた。後で明らかになったのは名古屋のアイドルユニットである「チームしゃちほこ」の"いいくらし"のリミックス盤であり、オフィシャル・ブート盤として"Good Life (EEE KURASHI)"と改めリリースされたのだ。その後「HMV Record Shop」のオープン記念としても正規にリリースされたのだが、当方が手に入れたのはブート盤の方。ありがたい事にオリジナルも"Original Japanese Vocal"として収録されており、メジャー感のあるゴージャスな音使いながらもさらっとアシッド・ハウスなベースラインも導入されており、アイドルユニットの曲としては意外にもクラブ寄りなボーカル・ハウスになっている。またDr.Tettoによる"More Today Than Yesterday Mix"は、更にHardfloorを意識したようなパーカッシヴなリズム感で組み立てたアシッド・ハウスへと作り替えられ、ここまでの作風になるとアンダーグラウンドなパーティーでも耐えうるDJツール性が見受けられる。そして最もリミックスの面白さを体感させてくれるのがGonnoによる"Shut It Horror Core Dub"か、制約はなく自由にやらせてもらったというリミックスは原曲のボーカルを一部には使いつつも、原曲の影を跡形もなく消し去ったGonno流バレアリック・ハウスと呼ぶべきか。様々のトリッピーな音が効果音のように浮かんでは消え、酩酊感を誘う鈍い電子音と相まってサイケデリックな音響を生み出す作風は、完全にGonnoの個性が爆発している。この奇々怪々なるリミックスを聴くと、今Gonnoがその音楽人生に於いて春を迎えているであろう事を感じさせる程だ。これが「チームしゃちほこ」のファンにも届き、クラブ・ミュージックの入り口となるのであればそれは喜ぶべき事だろう。

| TECHNO11 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3495
トラックバック
Unknown - Good Life (EEE Kurashi)
Artist: Title: Label: Catalog#: SYA-777 Format: 12" Released: 2014本blog記事のタイトルは「Unknown - Good Life (EEE Kurashi)」としたが、それはこの12インチを販売しているレコ屋のサイトすべてがこの表記で統一していたためそれに倣っただけであって、
| acid over the rainbow | 2014/10/28 7:14 PM |