CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ben Hoo & Iori Wakasa - Panta Rhei EP (Highgrade Records:HIGHGRADE158D) | main | Gui Boratto - Abaporu (Kompakt:KOMPAKT CD 115) >>
Various - Special Edition 03 (Balance Music:SE03)
Various - Special Edition 03

Ron TrentとChez Damierが立ち上げたPrescriptionとその傘下のBalanceは、ディープ・ハウスのレーベルとしては伝説と言っても過言でない存在だ。現在は二人は袂を分かちChezが新たに立ち上げたBalance Musicを運営しているが、そこから両レーベルの発足20年記念としてスペシャルエディションとなる本作がリリースされている。A面にはスイスのThe Missionなるユニットによる"Lavida (Life)"が収録されているが、これはChezとイタリアのDemetrio Gianniceがプロデュースだ。端正でパーカッシヴな4つ打ちにメロウなコード展開や郷愁を醸すホーンのソロプレイなどが伴い、丁寧に流れを展開する如何にもBalanceらしいUSディープ・ハウスになっており、Chezの甘くロマンティックな性質がさらりと表現されている。A面にはもう1曲、フランスの新鋭であるSiler & DimaとThomas Zanderによる"Inapropriate"が収録され、こちらはテックな上モノを反復させてややミニマルな機能性を打ち出したディープ・ハウスだが、スポークンワードを導入したりと仄かに黒っぽさも匂わせる。注目はB面の今尚パーティーでプレイされる事もあるクラシックである"Choice (Prescription Doctor's Dub Mix)"だろうか、Chez & Ronによる二人の才能が融け合い結実したディープ・ハウスだ。おおよそ20年前の名作がリマスターを施され復活したのだが、やはり古くとも良い作品は時間が経てども魅力を失う事はない。しっとりと弾ける4つ打ちとエレガントなシンセのリフ、ソウルフルなボーカルの組み合わせはハウス・ミュージックとして特段の個性を発揮している訳ではないが、しかし時代を越えて愛される曲と言うのは得てしてこのようなシンプルながらもエモーショナルな作品ではないだろうか、そう思わずにはいられない。スペシャルエディションという触れ込みに違えない良質なハウス・ミュージックが収録されており、文句無しの1枚だ。



Check "Chez Damier"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3509
トラックバック