CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Kite (カイト)
Kite (カイト) (JUGEMレビュー »)
Gigi Masin (ジジ・マシン)
RECOMMEND
NEUE TANZ
NEUE TANZ (JUGEMレビュー »)
YELLOW MAGIC ORCHESTRA
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD)
Collapse EP[輸入盤CD](WAP423CD) (JUGEMレビュー »)
APHEX TWIN,エイフェックス・ツイン
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2005/08/15 The La's @ Shibuya AX | main | Paul Johnson - The Other Side Of Me and Mores (Avex Trax:AVCD-11445〜6) >>
DJ Sneak - The Mutant Sounds From Chicago Relife Records (Avex Trax:AVCD-11390)
DJ Sneak-The Mutant Sounds From Chicago Relife Records
Amazonで詳しく見る

このブログでは一応僕が気に入っている物かつ、まだ比較的購入出来る物を普段紹介しています。と言うのも紹介しても聴く事が出来なければ意味が無いですし…。そんな感じで廃盤だと思っていたこのMIXCDを紹介してなかったのですが、なんとamazonで未だに販売されている事を確認。今こそ紹介せねば!

発売はなんとAVEXから。つうか昔のAVEXは結構しっかりしたクラブ系を送り出してたんだけど、途中から糞になっただけなんですがね。でなんとDJ Sneakがシカゴハウスの名門レーベル、Relifeの音源をMIXすると言う快挙な企画物なのです。ライナノーツの解説の言葉を借りるならばシカゴハウスとは「世界一変態な音楽。チープ、シンプル、ファット。」あぁ、分かりやすい、確かにそうだね。音はざらついていてお世辞にも良質な音とは言えないし、スカスカのリズムトラック、そして図太い。多分曲単位で聴いてもそれ程面白くはないんだけど、これをDJが扱うと非常にパワーのある図太いグルーヴを生み出す事が出来るんですよね。しかしこのMIXCD聴いているとほんと不愉快な感じと言うか、体力が無い時に聴いたら確実に嫌な気分になりそうな位きついエネルギーに溢れています。シカゴハウスの中でも取り分け強烈なヤツが集まっていますよ。

Check "DJ Sneak"

Tracklistは続きで。
PREACHER MAN / GREEN VELVET
ASTROPLAN / GENE FARRIS
WHAT? / DJ SPOOKIE
JUST WHISTLE / PAUL JOHNSON
WARPATH / BOO WILLIAMS
TWILIGHT DROME / JELLYBEAN
DIK JUICE / BABY POP
RUNAWAY TRAIN / DJ SNEAK
I'M LOSING MY MIND / GREEN VELVET
WARP / LESTER FITZPATRICK
FLASH(BOO WILLIAMS RMX) / GREEN VELVET
TONE CONTROL / LESTER FITZPATRICK
FLASH(DJ RUSH RMX) / GREEN VELVET
STUPID DOG / DJ SNEAK
THE LIGHTS / DJ SNEAK
SHOW ME A MAN / DJ RUSH
TA / PAUL JOHNSON
WASH MY DRAWS(DJ SNEAK RMX) / BENARD BADIE
DOTT / TRACKHEAD STEVE
TWILIGHT ZONE / JELLYBEAN
| HOUSE1 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/351
トラックバック
DJ Sneak - The Mutant Sounds From Chicago Relief...
もともとCajualで比較的ティピカルなハウス・ミュージックを展開していたCurtis A. Jonesが、"Tracks"専門レーベルとして94年に立ち上げたのがこのRelief。 "Tracks"というのはヴォーカルレスのインストゥルメンタル・ハウスのことみたいですね。 このレーベルからは
| acid over the rainbow | 2005/12/21 8:36 PM |