<< 2014/12/13 Acid City @ Air | main | DJ Koze - Reincarnations Part 2 - The Remix Chapter 2009 - 2014 (Pampa Records:PAMPA 010CD) >>
Defected Presents House Masters - Masters At Work (Defected Records:HOMAS21CD)
Defected Presents House Masters - Masters At Work
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ハウス・ミュージックにおける歴史においてどうしても通らずにいる事は出来ないアーティストがおり、今尚パーティーで燦然と輝くクラシックな音楽がある。Defected Recordsはそんなアーティスト毎に焦点を絞り過去の作品をコンパイルした「House Masters」というシリーズをリリースしているが、その最新作には遂にMasters At Workが登場した(ちなみに以前にもVegaとDopeは、それぞれ単独となる名義でこのシリーズにも登場している)。Louie VegaとKenny DopeによるMAWは今でこそ一緒に活動をする事は少なくなったが、ラテン・ミュージックやジャズから育ったVegaとヒップ・ホップやファンクからの影響が強いDopeは、互いの音楽性をクロスオーヴァーさせながらハウス・ミュージックの地盤を固めつつ、そして柔軟に拡大を行ってきた稀代のユニットだ。その余りある意欲と才能の為かオリジナル曲もリミックス曲も膨大な量があり、それらを遍く収録する為にこのシリーズでは初となる4枚組の大作となった。ここには現在も尚パーティーで聴く事が出来るクラシックが収録されているが、何はともあれMAWの中でも外す事の出来ない曲と言えばNuyorican Soul名義による"The Nervous Track (Ballsy Mix)"ではないだろうか。4つ打ちからの脱却としてヒップ・ホップ風ブレイク・ビーツと生のライブ感覚を持ち込み、ハウス・ミュージックに彼等の多様なルーツを落とし込んだ作風は今でこそ当たり前に聞こえるが、リリース当時の衝撃はきっと大きかったと想像するのは容易い。またRiver Ocean名義による"Love & Happiness (Yemeya Y Ochun) (MAW Original Remix Extended)"も生のラテンなパーカッションが怒涛のグルーヴを生み出し、何処かスピリチュアルでもある歌も相まって熱狂的なアフロ・ハウスを鳴らしている。そんな肉感的で人間味のあるダンス・ミュージックを手掛ける一方で、彼等は音楽的にメロディーやメッセージ性も大事にしており、Bebe Winansによる"Thank You (MAW Mix)"ではゴスペルのような歌と耳に自然と残る愛らしいメロディーが生きており、時代に左右されない普遍的な音楽性を手掛ける事という点でも類まれな才能を発揮している。その他にも本作にはMAWの代表曲が多数収録されており、もしこれから彼等の音楽を初めて聴くという人には、間違いなく本作を勧める事が出来る程に充実した内容となっている。リヴィング・レジェンドという言葉が一人歩きしてしまっている時代、しかしMAWこそリヴィング・レジェンドと呼ぶに相応しい存在である事を知らしめるコンピレーションだ。



Check "Masters At Work"

Tracklistは続きで。
CD1
01. Bebe Winans - Thank You (MAW Mix)
02. The Braxtons - The Boss (MAW Remix)
03. MAW featuring James Ingram - Lean On Me (MAW Mix)
04. Masters At Work featuring India - Backfired (Album Version)
05. Voices - Voices In My Mind (MAW Mix)
06. Afro Celt Sound System - ‎Release (Masters At Work Main Mix)
07. Incognito - Nights Over Egypt (Masters At Work Main Mix)
08. Nuyorican Soul featuring India - Runaway (Original Flava 12")
09. Urbanized featuring Slivano - Helpless (I Don't Know What To Do Without You) (The Kenlou Remix)
10. Gus Gus - VIP (Masters At Work Vocal Mix)

CD2
01. Masters At Work featuring India - I Can't Get No Sleep (Ken Lou 12" Mix)
02. Masters At Work featuring India - When You Touch Me (M.A.W. Remix)
03. Funky People featuring Cassio Ware - Funky People (Masters At Work Main Mix)
04. Ruffneck featuring Yavahn - Everybody Be Somebody (MAW Style Mix)
05. Simply Red - Thrill Me (Masters At Work House Mix)
06. Black Masses - Wonderful Person (MAW Vocal Mix)
07. George Benson - Song for My Brother (Kenlou 12" Mix)
08. Masters At Work - Work (MAW Mix)
09. River Ocean featuring India - Love & Happiness (Yemeya Y Ochun) (MAW Original Remix Extended)
10. Maw featuring Luis Salinas - Pienso En Ti (I Think Of You) (House Mix)

CD3
01. Saint Etienne - Only Love Can Break Your Heart (Masters At Work Dub)
02. Lood featuring Donell Rush - Shout-N-Out (The DJ Dub)
03. Nuyorican Soul - The Nervous Track (Ballsy Mix)
04. Chris Cuevas - Hip Hop (Masters At Work Dub)
05. Atmosfear - Dancing In Outer Space (Lunar Mix Part 1)
06. D'Influence - Hypnotize (M.A.W. Piano Dub Mix)
07. The Neville Brothers - Fly Like An Eagle (Slippin Dub)
08. Debbie Gibson - Losin Myself (12" Masters At Work Version)
09. Uncanny Alliance - I Got My Education (Master At Work Dub)
10. Masters At Work - Our Mute Horn (Ken Lou Mix)

CD4
01. Masters At Work - The Ha Dance (Ken / Lou Mixx)
02. Los Amigos Invisibles - Ease Your Mind (Masters At Work Dub Edit)
03. House Of Gypsies - Sume Sigh Sey (MAW Remix)
04. Kathy Brown - Can't Play Around (M.A.W Dub)
05. Ce Ce Peniston - Crazy Love (Krazy Dub)
06. Baaba Maal - Gorel (Piano Dub)
07. Jody Watley - Off The Hook (MAW Dub)
08. Ultra Nate - Show Me (Masters At Work Wild Dub)
09. The Brand New Heavies - Close To You (Masters At Work Remix)
10. B.O.P - Zabalaza (MAW Original Mix)
| HOUSE10 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3521
トラックバック
House Masters / Masters At Work
Defected の House Masters シリーズ、昨年初めて Henrik Schwarz 編を入手して、このブログでもレヴューしたわけなのだが、続いて Masters At Work が登場。なんでも、Henrik Schwarz 編がシリーズ第 20 弾だったらしく、今作は第 21 弾となるわけだが、それにしても 1
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2015/03/26 10:30 PM |