CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2014/12/6 DAWD @ Oath | main | Head High - Megatrap (Power House:PH 505) >>
Trinidadian Deep - Dem Jump (Neroli:NERO 026)
Trinidadian Deep - Dem Jump

もしRon Trentに正統なる後継者がいるとしたら…それはTrinidadian Deepである事に異論を差し挟む者は少ないだろう。何と言ってもデビューは2006年にRon主宰のFuture Vision Recordsからと早くからその才能を買われ、その後もRonに負けないスピリチュアルかつソウルフルな、そして壮大なスケール感とディープな空間演出を伴うディープ・ハウスをリリースし、アーティストとしても着実な評価を獲得している。本作はイタリアのクロスーオーヴァー路線のNeroliからの新作で、同レーベルから続けてリリースされた"Deep Love EP"(過去レビュー)、"Sweetness You Bring"に続く恐らく3部作最後になると思われる。始まりの"Dem Jump"からして文句無しに素晴らしく、丸みのある柔らかなマリンバの音が軽快に響く中を爽やかなパーカッションが打ち乱れ、優雅なシンセの層が延びて行くボサノバとディープ・ハウスが邂逅したような曲で、この時点で青々とした空と草木が茂る大地が目の前に浮かび上がるようだ。"Eyes Closed"はよりディープ・ハウス的というか、大地を疾走するような土着的なビートに滴り落ちるピアノ・コードを絡めた美しくも爽快な曲で、昼間の野外パーティーにて燦々とした太陽の光を浴びながら聴いてもはまりそうだ。より特徴的なのは"Beyond Us"で、乾いたボンゴの複雑かつ躍動的なリズムから始まり、そして色彩豊かなシンセが滲み出すドリーミーなこの曲は、上品な甘さでとろけてしまいそうな程に官能的だ。ここに収録された全ての曲はディープ・ハウスとしての魅力を十分に内包し、しかし何処までも広がっていくようなような開放的な世界観は、既にRon Trentにも劣らない程に成熟している。新しい世代の到来を予感させるような、Trinidadian Deepの才能が発揮された一枚だ。



Check "Trinidadian Deep"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3538
トラックバック