<< Hanna - Schematic Of Tron (KSR:KCCD-138) | main | A Guy Called Gerald - To All Things What They Need (Studio !K7:!K7173CD) >>
Offshore Funk - Crome (Kanzleramt:KA118CD)
Offshore Funk-Crome
Amazonで詳しく見る

ドイツきってのデトロイトフォロアー系レーベルと言えばKanzleramtはまず間違いないのですが、この頃はもっと多様性も持ちより広がりをもった独特なレーベルとなっている気がします。と言うのもこのレーベルオーナーであるHeiko Laux率いるOffshore Funkは、もはやデトロイトフォロアーでは括りきれない音楽性を持っているからなのです。ライナーノーツを少しばかり参照すると…
このアルバムは、多くのジャンルにまたがったもので、ファンク、テクノ、ハウス、ジャズの一番美味しい要素が詰まっている…
二人の卓越したプロダクションの腕前を最新のスタジオ技術と融合させ、レトロに全く新しい待遇と意味をもたらした…

ふむふむ、なるほどなぁと言った感じのコメントですが、音はデトロイト系を多少薄味にした様な綺麗目シンセ中心。でもリズムとかはもっと複雑で、バラエティーに富んでいますね。ストレートな4つ打ちテクノもあれば、生っぽくスウィングする様なジャジー物、ラテンパーカッシブな熱意溢れる曲などもあり、確実に進歩を目指した挑戦が伺えます。ある意味デトロイトテクノが固定化されつつある事に対し、彼らはデトロイトテクノに影響を受けつつもより前進してゆき、独自のサウンドを創り出そうとしているのではないでしょうか。エレクトロニクスを多様したサウンドであるのに、妙に生っぽいのが艶やかでもあります。ファンキーなデトロイトテクノに対しての、清涼感溢れるドイツテクノって感じでしょうか。

試聴

Check "Heiko Laux"
| TECHNO2 | 09:00 | comments(2) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 09:00 | - | - | |

コメント
ヘイコ・ラウってオフショア・ファンクってアルバム出してましたけどコレ新しいユニットなんですね〜。
フロア/リスニング両仕様なサウンドは僕も大好きです。
ってことでコレは持ってないのでチェック、チェック。
| kinya_0805 | 2005/08/20 8:53 AM |
>kinya_0805さん
Offshore Funkって言うアルバム出してたけど、それがユニットに
なっちゃいましたね(笑)
でも音楽的には同タイトルのアルバムに近いと思いますよ。
| マチュ | 2005/08/21 9:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/355
トラックバック