<< Nightmares On Wax - Aftermath (Ricardo Villalobos & Max Loderbauer Remixes) (Warp Records:WAP368) | main | 2015/1/10 groundrhythm -new year's party- @ Air >>
Konstantin Sibold & Telly - I'm In Need (Mojuba Records:mojuba 021)
Konstantin Sibold & Telly - Im In Need

ドイツでは既にディープ・ハウスとして高い評価を獲得しているMojuba Recordsより、注目すべき新星が新作をリリースしている。Konstantin Siboldは1987年生まれのDJ/プロデューサーかつマスタリングエンジニアであり、2010年頃からは自身で作品も制作するようになった若手のアーティストだ。今までにもInnervisionsやCocoonにMule Musiqへの楽曲提供を行うなど既に色々なレーベルから目を付けられているようだが、そこでMojubaは彼のソロ作品を単独でリリースするまでに至っている。Mojuba自体はデトロイトなどにも影響を受けたヨーロッパ的ディープ・ハウスを得意としているが、本作はどちらかというとUSハウス寄りな印象が強い。"I'm In Need"は胸が熱くなるようなボーカルも起用したトラックだが、乾いたハンド・クラップやシンプルなシンセのリフが主導するオールド・スクールな味付けがあり、際立った新鮮味はないもののボーカル・ハウスとして90年代のDJセットにも自然と馴染むような味わいがある。それをMojubaのオーナーであるDon WilliamsことOracyがリミックスを行ったのが"I'm In Need (Oracy’s Ancient Technology Dub)"で、こちらはよりDJツール的にボーカルは一部サンプリングで反復されつつ、リズムは滑らかに研磨されてスムースさを増した色っぽいディープ・ハウスへと精錬されている。荒々しくもソウルフルな前者、深い陶酔へと誘われる後者、どちらもMojubaらしい深遠なハウス・ミュージックとして素晴らしい。盤面にはいつも通りで日本語での記載がり、今回は「ひからびちゃうよ」…いや、この作品を聴けば干からびる事はないだろう。



Check "Konstantin Sibold"
| HOUSE10 | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 17:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3562
トラックバック