CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Steffi - Power Of Anonymity (Ostgut Ton:OSTGUTCD32) | main | Herbert - Part Seven (Accidental:AC81) >>
Guiddo w/ Georges Perin - Gin 'n' Tears (Beats In Space Records:BIS016)
Guiddo w/ Georges Perin - Gin n Tears
Amazonで詳しく見る(MP3)

Tim Sweeneyが2011年に設立したNYCを拠点とするBeats In Spaceは、まだ短い経歴ながらもテクノやハウスにディスコやサイケロックなどジャンルを超越しながら咀嚼し、モダンでユニークなダンス・ミュージックを創造している。そんなレーベルから新たに送り出される才能がGuiddoで、Beats In Spaceからの本作が彼にとってのデビュー作になる。しかし本名をTomasz Guiddo Switalaとするこのアーティスト、実はMule MusiqやUntertonから作品をリリースしていたManhookerの片割れで、過去には胸キュンなモダン・ディスコを手掛けている。本作もそこから大幅には路線変更はせずに愛くるしいメロディーラインのディスコを下地に甘ったるいボーカルを導入するなど、Manhookerに注目していた人ならば期待せずにはいられないだろう。収録されたどの曲にもGeorges Perinをボーカルとして器用しているが、タイトル曲の"Gin 'n' Tears"からしてディスコやソウル・ミュージックを極端に回転数を落としたような作風がユニークだ。甘ったるいファルセットボイスにデケデケとした煌めくシンセのループ、そして切なさを誘発する薄っすらと甘いストリングスなど、美しい夕暮れ時に出くわしたような哀愁を滲ます。"I Miss You Now"も同様にスローな落ち着いたビートを刻んでいるが、こちらの方がよりドタドタしたディスコの4つ打ちやデケデケしたベースラインが打ち出され、よりフロアに即しているだろう。しかし何といっても素晴らしいのは"One Last Bite"で、牧歌的なピアノのコード展開と甘く囁きかけてくる陶酔感の強いボーカル、そして有機的なうねりを見せる柔らかいビートが一つとなって、醒める事のない夢の中へと誘われる。ディスコにバラードやポップスの要素が融合したような作風は、夏の終わりの感傷的な空気に含まれる正にバレアリックな音を主張している。パーティーのしっとりとした時間帯である朝方でこそ映えるような感動的な一曲だ。




Check "Guiddo"
| HOUSE10 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 18:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3568
トラックバック