CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Ricardo Tobar - Treillis (Desire Records:dsr095CD) | main | Norm Talley - The Palmer Park Project EP (Tsuba Records:TSUBA075) >>
RT Sound Factor - 7th Heaven (Electric Blue:EB004)
RT Sound Factor - 7th Heaven
Amazonで詳しく見る(MP3)

2014年3月31日、シカゴのゴッドファーザー・オブ・ハウスことFrankie Knucklesが亡くなった。ハウス・ミュージックへのKnucklesの功績は言うまでもなく、ダンス・ミュージックに於けるその存在の大きさは幾ら述べても足りない程だ。数多くのアーティスト/DJに影響を与えたKnucklesだが、同じシカゴ・ハウスをベースとするRon TrentもKnucklesに影響を受けた一人だ。そんなTrentがKnucklesへの追悼の意を込めてリリースしたのが、RT Sound Factorによる"7th Heaven"だ。気合の片面プレスで1曲のみの収録なものの、偉大なるレジェンドへ捧げられた曲という事もあり11分越えの大作であり、また作品としても近年のTrentの中でもベスト級であろう。フルートのような安らかなメロディー、天から滴り落ちてくるようなピアノのコード展開、温かくしんみりとするオルガンの響きなど、如何にもTrentらしいエレガントで洗練された音使いは説明も不要な程だ。そして軽快に刻まれるビートとダビーなパーカッションは爽やかで、美しい上モノと相まって広大で清々しい青空の中へ飛び立つような、とても開放感のあるディープ・ハウスとなっている。Knucklesによる永遠の名曲"The Whistle Song"にも劣らない、一点の曇りもないポジティブで希望に溢れたハウス・ミュージックなのだ。無駄な装飾を省き"Tribute To The Energy Of Frankie Knuckles"とだけ記されたカバーデザインも、ただただ静謐で美しい。




Check "Ron Trent"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3584
トラックバック