CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Francis Inferno Orchestra - A New Way Of Living (Voyeurhythm Records:VRLP01) | main | 2015/2/27 Red Bull Music Academy presents Black Coffee Japan Tour @ Air >>
Slam - Reverse Proceed (Soma Quality Recordings:SOMACD105)
Slam - Reverse Proceed
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
昔からのテクノのリスナーにとってグラスゴーのアーティストと言えば間違いなく代表として挙がるのが、Orde MeikleとStuart McMillanによるSlamであるのは間違いない。今も彼等によって運営されているSoma Recordsからは数々の名アーティストを輩出し、彼等自身もグラスゴーのみならずUKを代表するテクノ・アーティストの一人として、デトロイト・テクノからハード・テクノに渡る作風で高い評価を得るなど、この日本での不当にも思える過小評価とは対照的に世界での活躍は注目に値する。そんな彼等も前作のアルバムである"Human Response"(過去レビュー)を2007年にリリースして以降は、彼等が新たに立ち上げたParagraphやDrumcodeにFigureなどからDJツール志向を高めたEPをリリースし続けており、アルバムでの電子音楽の表現からは遠ざかっていた。しかし2014年にようやくリリースされた7年ぶりとなるアルバムの本作では、シーケンスへの可能性を見出し"Sequentix Cirklon"というシーケンサーを用いてSlamにとっての新たなる音楽性を開花させている。幕開けとなる"Tokyo Subway"ではそのタイトル通りに東京での地下鉄の環境を取り入れながらも、重厚なシーケンスと夢の世界のようなサウンド・スケープを展開させ、いきなり壮大なアンビエントを繰り広げる。その展開は途切れる事なく"Visual Capture"へと続くが、ここでもビートレスな展開の中で甘美なパッドと美しいシンセがリフレインする事で、夢の中にいるような風景を喚起させる。"Reverse Proceed"でようやくゆっくりとではあるが鈍いリズムと重苦しいベースが入り出すが、それはダンス・トラックのものではなくより濃厚なアンビエントを強調するようだ。5曲目の"Synchronicity"からはシーケンスが強調されたダンス・トラックが中心となるが、かつてのように分り易いメロディーを強調せずにあくまで上モノもビートと同化するような使い方で、よりDJツール性を主張する。"Ghosts Of Detroit"に限って言えばかつてのメランコリーなデトロイト・テクノの持ち味が強調されているが、それ以降の曲もミニマル系やアシッド・テクノにしてもシーケンスによる反復を軸とした作風がベースになっている。Slamにしてはやや意外でもあり少々地味な印象も残るアルバムにはなっているが、しかし何度も聴く内にその精密なシーケンスと幻想的な音響に魅了され、今までにないSlamの魅力を感じ取る事は出来るだろう。アンビエントもミニマルも同じ作品に組み込まれているが、これが彼等なりの電子音楽=テクノという表現なのだと思う。



Check "Slam"
| TECHNO11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3600
トラックバック