CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< 2015/3/6 EUREKA! with Detroit Swindle @ Air | main | Korrupt Data - Korrupt Data (Planet E:PE65366-1) >>
Jovonn - Goldtones (Clone Classic Cuts:C#CC27CD)
Jovonn - Goldtones
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ハウス・ミュージックの歴史においてニュージャージーからは才能あるアーティストが多く生まれているが、90年代から活動するAllen Jovonn ArmstrongことJovonnもその一人だ。00年代に入ってからリリースした"Spirit"(過去レビュー)ではLarry Heardにも近似する感情的で慎み深いディープ・ハウスを披露していたが、そんな彼にも若かりし頃のまだ荒削りな時代もあり、90年代初期の作品をコンパイルした本作ではそんな原始的なハウス・ミュージックを聴く事が出来る。Jovonnが91〜94年まで運営していたGoldtone Recordsや90年代のNYハウスを引率したEmotive Recordsなどから、Jovonnがリリースした初期作品が収められたという本作は、確かにまだそれ程洗練はされていないものの若さ故の溢れるエネルギーが感じられるハウス・ミュージックを、存分に体験する事が出来るだろう。スタイルとしてはこの頃流行っていた如何にもな重く骨太な弾力性のあるリズムに合わせて、オルガンやフルートにシンセの情熱的な旋律を打ち出した奇を衒う事のない実直なハウスが中心で、今聴くと良く言えば懐かしい味わいが、悪く言えば古臭い印象の音楽性だ。複雑で多層的な作りではなく、分り易いメロディーが軸となりカチッとしたビートが下地を作っていくハウスは、現在のそれに比べればまだこなれてはいないもののだからこそ曲の良し悪しもよりはっきりと明確になるのではと思う。そしてJovonnに関して述べれば心を鷲掴みにするメロディーと力強くタフなグルーヴがあり、これぞ当時のアンダーグラウンド・ハウスだと言わんばかりの魅力を伝えるようだ。誘うような甘いボーカルに合わせて陶酔感のあるシンセを合わせたディープ・ハウスの"It's Gonna Be Alright (Be Smoove dub)"、太いボトムが安定感を生みそこに可愛らしいタッチのメロディーが覆う"Be Free (Vocal Mix)"、ゴリゴリと荒削りなキックと単調なメロディーによってツール性を兼ね備えた"Back To House (Jovonn Classic Goldhouse mix)"など、モダンなハウスと比べればどうしたって時代感はあるけれどそこに色褪せない普遍的な音楽性も感じ取る事は出来る筈だ。こうやって90年代の名作が復刻される、それはリアルタイムで聴いていた人には懐かしくもあり、当方のように未体験の者には新鮮に聴こえるのだ。



Check "Jovonn"
| HOUSE10 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3606
トラックバック