CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Metamorphose Special Part3 | main | Matthew Herbert - Plat Du Jour (Accidental:AC19CD) >>
Metamorphose Special Part4
メタモ特集も本日で最後。明日は遂に初メタモを体験してきます。野外でビール飲んで、上手い飯食べて、最高の音楽があって…てな感じだと良いです。最後は変態系のアーティストの紹介でもしようかな。

■Green Velvet - Whatever
Green Velvet-Whatever
Amazonで詳しく見る

メタモ出演計3回目(のはず)でメタモの顔とも成りつつあるGreen Velvet。シカゴハウスのビートとテクノのサウンドを持ち合わせ、強烈かつ変態的な音が特徴です。今回はライブと言う事もあり本人が歌いながらプレイされると予想されますが、かなり強烈なインパクトがありそうです。真夜中なのに目が覚めそうですね

■Shiro The Goodman - 踊り狂って飯が腐るのだ
Shiro The Goodman-踊り狂って飯が腐るのだ
Amazonで詳しく見る

ROMZのレーベルプロデューサーであるシローザグッドマンは、優しい人柄でありながらも(クラブで話した事があります)変態であります。時にはチンコ丸出しでDJをしていたとか…。そんな彼のDJプレイはテクノ、レゲエ、ガバ、ヒップホップ、ブレイクビーツ、ジャングル等なんでもごちゃまぜにした変態サウンドを奏でます。腹をよじって笑いこけましょう

■Out Hud - Let Us Never Speak of It Again
Out Hud-Let Us Never Speak of It Again
Amazonで詳しく見る

!!!のメンバーでもある彼らのサウンドは、パンキッシュなエレクトロ、そしてファンキーと言ったのが世間の評判です。僕は未聴なのでコメント出来ないのですが、機会があれば是非痺れるサウンドを体験してみたいと思います。
| TECHNO2 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/361
トラックバック