<< John Beltran Presents Music For Machines (Delsin Records:DSR-D1-CD) | main | Bjorn Torske - Nedi Myra (Smalltown Supersound:STS239CD) >>
Ken Gill - Love Moon (Alleviated Records:ML-2230)
Ken Gill - Love Moon
Amazonで詳しく見る(MP3)

シカゴ・ハウスの巨匠であるLarry Heardが80年代から運営を続けるAlleviated Recordsは基本は彼自身の作品をリリースするホームのような存在だが、今回Larryのお眼鏡にかなった新人の作品がリリースされた。その人こそシカゴ育ちのKen Gillで、どうやらこのリリースが初の作品のようだ。しかしよくよく調べてみると90年代にはLarryや同じくシカゴのベテランであるBernard Badieとも共同で作品を手掛けていたとの情報もあり、詳細はいまいち掴めていない。そんなミステリアスな素性を抱えながらも作品自体は正にLarry直系のAlleviatedスタイルであり、この情緒的でしっとりしたディープ・ハウスが好みの人にとっては当然の如くマストバイな内容だ。表題曲である"Love Moon"にはクレジットにLarryとBernardも名を連ねており、これはもしやの過去の未発表曲ではないだろうか。ぼんやりとした浮遊感のあるパッドが仄かに情緒的なメロディーを奏で、揺蕩うようなゆったりとしたリズムトラックと黒くマッドなベースラインが下地を支え、そして囁きかけるような艶のあるボーカルが色気を生む構成は、もはやLarryの作品と勘違いする程だ。一方でエグいアシッドのベースがうねる"Just a Test"はこちらもLarryの初期作品を思わせるアシッド・ハウスで、味気ない乾いたリズム・マシンのキックやパーカッションの辿々しいグルーヴと相まって古き良き時代が蘇る。またディスコティックな上モノとポコポコとした躍動感のあるリズムで陽気な曲調の"Idol Mind"と、流麗なストリングスを導入しながらもふざけたようなボイス・サンプルがファンキーな感覚を生む"Jack Wit Honey"も面白い作風で、どれも現在の時代の匂いを全く感じさせずに旧来のシカゴ・ハウスの伝統を受け継いだ懐かしい雰囲気が漂っている。やはり過去に制作された未発表曲のような気はするが、どちらにせよAlleviated Recordsからの作品らしい正統派ディープ・ハウスとして質は保証されている。



Check "Ken Gill"
| HOUSE10 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3622
トラックバック