CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Bjorn Torske - Nedi Myra (Smalltown Supersound:STS239CD) | main | Apollonia - Tour A Tour (Apollonia:APOCD02) >>
埜庵 kohori-noan 21回目
埜庵1

冬の終わりと共に春の到来…かと思いきや、再度寒くなった先週末、鎌倉散策へと行ったついでに4ヶ月ぶりに埜庵を訪れた。季節毎に期間限定のかき氷を手掛ける埜庵はいつ行っても季節感を楽しめるのだが、さて春の季節は一体どのようなかき氷が待っているのか。
埜庵2

店に着いて店長を探してみると昨年末と同様に姿が見当たらず、状況を伺ってみると緊急の用事で留守にしているとの事。前回訪れた時も店長が居なかったので、店長との会話を楽しむ事が出来ないのは残念であるが、取り敢えず目的のかき氷を選ぶ事に。季節ものはWいちご、柚子蜜柑、そしてさくら氷の3種。今回は今までに恐らく注文した事のないさくら氷(970円)を注文。出てきたかき氷はふわふわ山盛りの氷の上に、桜をイメージしたゼリーと白玉が乗っており、見たまんま春の季節感が満載。ソースはほんのりとピンク色に染まった練乳が付いてくるが、仄かに香る桜の香りがとても上品。かき氷にどば〜っとソースを掛けて食べてみると、ふわふわの氷の食感はいつもと同様に口の中で優しく溶けて、そしてお味はまるで桜餅を食べているような和の落ち着いた甘さ。

埜庵3

かき氷を食べ進めると氷の中からはまた白玉とあずきが姿を現す。桜練乳ソースと白玉とあずきのコラボレート…正に桜餅のイメージそのもので、かき氷一つでこれ程までの春の季節感を打ち出す埜庵には脱帽だ。遠くまで一人でかき氷を求めて埜庵に訪れる人も多いが、しかしこのかき氷を食べればそれも納得するのは間違いない。店長に会えず残念ではあったものの、美味しいかき氷を頂けばただただ幸せな気持ちになり、満足して帰路についたのだった。

HP:埜庵
住所:神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-5-11
電話番号:0466-33-2500
営業時間:11:00〜18:00
休業日:HP参照
| FOOD,TRAVEL,HOT SPRING,ETC3 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック