<< Head High - Home. House. Hardcore. (Power House Records:PH606) | main | DJ Mitsu The Beats - Celebration Of Jay (Jazzy Sport:JSPCDK-1023) >>
Stump Valley - The Wilderness Sessions presents Stump Valley : Recorded At Summer Forest Camp (Uzuri Recordings:UZURI 021)
Stump Valley - Recorded At Summer Forest Camp
Amazonで詳しく見る(MP3)

UK出身のLeratoがロンドンにて主宰するUzuri Recordingsは、デトロイト・テクノやシカゴ・ハウスに影響を受けながらよりディープでエモーショナルな作風を得意とし、早くからウクライナ勢やアイルランドのハウスもリリースする等その音楽センスは確かなモノがある。新作は2014年にRush Hourからデビューを果たしたばかりのStump Valleyによるもので、Uzuriが新たに手掛ける「The Wilderness Sessions 」と言うシリーズの第1弾作品となる。Stump Valleyについては全く詳細は分からないものの、過去の作品はアナログマシン的な粗いビートを刻むロウ・ハウスのような無骨な音楽性で既に強い個性を発していたが、この新シリーズではジャズやアンビエントの要素を取り込んで過去のStump Valleyとは異なるディープ・ハウスを展開している。"Searching (MTRPLS British Hustle Mix)"はジャズのスウィングするグルーヴ感を打ち出しながら、眠気を誘うような気怠いシンセが煙の様に満たされる中から色気のある女性ボーカルによって湿り気を保つが、このねっとり黒い感覚はビートダウン的ジャズ・ハウスとでも呼ぶべきか。アンビエント性が特に強いのは"Caruso"で、穏やかで優しい4つ打ちが刻まれる中で微睡んだ温かいパッドが優雅に舞い、音像がぼかされたピアノが滴り落ちるようにドラマティックなメロディーをなぞるこの曲は、淡い叙情をふんだんに含むサウンドトラックのようなアンビエント・ハウスだ。B面には限りなくビートを緩めながらもシカゴ・ハウスのようなクラップがアクセントとなり、温かみのあるシンセを情緒的に用いて夕暮れ時の時間を演出するディープ・ハウスの"Quazar"、一転してスウィングして躍動するジャズのリズムとベースが主張し、そこにインプロビゼーションのように自由に耽美なピアノのコードを加えていく"Down The Dirt Road"と、こちらもジャズやアンビエントの要素が自然と盛り込まれている。「The Wilderness Sessions」なるシリーズの初の作品にしてその個性と質の高さは十分なものであり、ニューカマーであるStump Valleyの動向と合わせて注目に値する作品だ。



Check "Stump Valley"
| HOUSE10 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3638
トラックバック