<< Recloose - Hiatus on the Horizon (Peacefrog Records:FG064CD) | main | Carl Craig - Landcruising (Blanco Y Negro:4509-99865-2) >>
Recloose - Cardiology (Planet-E:PLE65267)
Recloose-Cardiology
Amazonで詳しく見る(UK盤)
 Amazonで詳しく見る(US盤)
デビュー以前デリで働いていたReclooseことMatthew Chicoine。そのデリの常連であったCarl Craigがテイクアウトを頼み、その時にMatがパンの間に自分の音源が入ったテープを挟み、その音源を気に入ったCarlがMatに声をかけた事からMatの快進撃が始まったと言える。そう、デトロイト新世代はCarlの嗅覚から探し出されたものなのだが、Reclooseの音楽は確かにCarlのテクノとジャズの良いとこ取りされた様でもある。「Ain't Changin'」や「 Can't Take It」はメロウでありながらも、バンドが生み出すようなグルーヴに溢れファンキーである。「Kapiti Dream」は浮遊感溢れるシンセ使いが気持ち良いデトロイト直系テクノ。中には「M.I.A.」の様にセクシーなR&B調の曲や、明らかにヒップホップから影響を受けたリズムが特徴の曲などもある。作品がばらばらな出来になっている訳ではないのだが、バラエティーに溢れた作りは明らかに彼がテクノ以外にも色々影響を受けて来たことを物語っている(事実テクノ、ハウス、ジャズ、ヒップホップ、レゲエ、ダブを聴いていたとの事だが)。特に緻密で多彩なリズムトラックは、打ち込み音楽であるにも関わらず生き生きとしていて、ファンクネス溢れるアルバムとなった一因でもあると思う。デビュー作においてほぼ完璧に近いアルバムを作り上げたReclooseでしたが、最近の2NDアルバムで方向性を間違えた事には残念でした。聴くならこの傑作1STをお薦めします。

試聴

Check "Recloose"
| TECHNO2 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 23:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/365
トラックバック
Cardiology / Recloose
Reclooseの記念すべきデビューアルバム、"Cardiology / Recloose"です。 Innerzone Orchestraなどにも参加していたReclooseことMat Chicoineのデビューアルバムでシングルデビューしてから4年後にリリースされたという作品です。 Carl Craigに気に入られてデビューし
| Born Properly | 2008/04/15 12:01 AM |