<< Tales Ov Rossi, BitterSuite - Pieces Of A Puzzle / Familiar Currents (DeepSystems Music:SYSTEMS001) | main | Manuel Fischer - Neighbourhood (White:WHITE 026) >>
2015/5/9 Sunset Lounge @ 江ノ島展望台
Sunset Lounge 2015 Part7

夏を代表するパーティーの一つと呼んでもよいだろう。湘南は江ノ島の展望台で開催されているSunset Loungeの時期がやってきた。吹き抜ける海の風、降り注ぐ燦々とした太陽の光、地平線と海を望むロケーションなど開放感のある環境の中で、テクノやハウスだけでなく身体を揺さぶる様々なダンスミュージックを体感させてくれるこのパーティーは、世代を超えて愛されるパーティーへと成長を遂げている。そして2015年の初回はパーティーの顔とも言える程に何度も出演をしている井上薫、バリアリック音楽で注目されるPaul Murphy、この日の為に結成されたKoyas+Shinsuke Fujieda+ARATAバンド、ブラスバンドのBlack Bottom Brass Band、そしてWataru SakurabaとDJもライブも盛り沢山の内容で開催された。
Sunset Lounge 2015 Part1

パーティーの開始はWataru SakurabaのDJで。と言っても現地に着いた頃には既にオープンから30分程経過していたが、まだ人も疎らなフロアをのんびりとリラックスするように砂原良徳の"In And Out"のようなメロウなダウンテンポや緩いダンスポップ、又はゆったりと音が広がっていく開放感のあるバレアリックなどをプレイし、早い時間帯にぴったりな気怠くもポップな音楽性で心地良い白昼夢へと誘い込むプレイ。可愛らしいタッチのメロディーや牧歌的な展開もあり、パーティー序盤だからこその緩い展開も野外で聴くと一層微睡んだようでうっとりと耳を傾けるというものだ。そしてまたしても砂原による"Sun Song 80"で夏のバカンスのような小旅行へと連れて行くドラマチックな流れに、人の少ないフロアを遊泳するように楽しむ事が出来た。

Sunset Lounge 2015 Part2

続くBlack Bottom Brass Bandは、展望台下から練り歩き行進をしながら演奏してステージへと上がってくる。ゴージャスなブラスバンドの音色、勢い良く弾けるリズムは大所帯だからこその煌びやかな世界観を伴い、ダイナミックな音が広大な空へと広がっていくようだ。観客の間を掻き分けながら行進し、観客も巻き込んで盛り上げるスタイルは底抜けに明るくキャッチーな音楽も相まって、正に開放的な気分になれる野外向けなライブだ。ステージ上からも観客を煽りつつ豪華なサックスやチューバにトランペットなどのメロディーが交互に、または一体となり心がウキウキと躍動するように刺激する。見た目にも派手なライブは子供にも楽しいものだろうし、勿論普段はクラブミュージックに慣れ親しんでいる層にも、心身を心躍らせるものだ。

Sunset Lounge 2015 Part3

続くはこの日の為のスペシャルユニットを組んだSunset Sessions=Koyas+Shinsuke Fujieda+ARATA。PCなどの電子機器を操るKoyasがアンビエント感のある上物やかっちりとタイトに刻むリズムを作りつつ、そこにARATAの繊細で凛としたギターやFuhiedaのフルートやアルトサックスが楽器がセンチメンタルな情感を添えていく。前のBBBBによる激しく賑やかなライブとは対照的な、一つ一つのパーツを丁寧に展開ししっとりと心に染み入らせるようなリスニング志向のライブは、緻密にしかし穏やかに体に染み渡る。プログラミングにギターや木管楽器がしっかりと絡み合いながら有機的な響きを演出し、波のような引いては押し寄せる残響が広がり大きな空間を生み出すようだ。次第にリズミカルに弾むグルーヴへと移り変わり躍動的かつ豊潤なメロディーの相乗効果で、落ち着いたバレアリック感も含ませながら野外の開放的な音が強くなっていく。展開の読めないプレイはインプロビゼーション的でもあり、それぞれのプレイヤーが自由なようでしかし一体となって豊かなハーモニーを生むのだろう。最後には混沌とした電子的なプログレッシヴロック〜ジャーマン・プログレのような酩酊感のある曲でドロドロとした曲もプレイして、電子楽器と生楽器が自然と溶け込んだセッションは見事な調和を見せていた。

Sunset Lounge 2015 Part4

さて、Sunset Loungeにしては珍しく外人DJのPaul Murphyが登場。バレアリック〜ディスコダブ界隈では名高いDJだが、いきなりデトロイト節全開でイタロ的な"Simply Just A Ventage"を投下。イタロ雰囲気にディスコ・ダブも混ざったような曲で懐かしさが込み上げる郷愁の展開、そこからディスコ・ダブや昔風のディスコを湿っぽい音で焦らしつつも、"Sfunky (A Dimitri From Tokyo Edit)"のようなファンキーかつ黒めの曲でご機嫌に上げたりと揺さぶりを掛けていく。徐々にリラックスはしながらもテンション上げめのジャジー・ハウスやテック・ハウスで、しなやかに強靭なグルーヴを生み出し夕方に向けて熱を帯びたパーティーの盛り上がりを作る。途中で主宰者のShibaも加わりトランペットによる郷愁のメロディーを加える展開も見せながら、ファンクやディスコも織り交ぜて上げるだけの展開ではなく重心低めにしっかりと地に足の着いたグルーヴを生み、熱くなった勢いを壊さずに安定感のある流れが円熟味のある玄人的だ。更には強くうねるベースラインやコズミックな飛びのシンセも入ったり、"Glad To Know You (Ray Mang's Flying Dub)"の様に懐メロ的にセンチメンタルなディスコダブも炸裂するなど、夕方に向けて明るくもしんみりとしたムードが強まっていく。ハウスやシンセファンクやディスコダブだとか、ジャンルが混ざり自然と境目を曖昧にしながらアダルトな音楽性に染め上げられ、最後はPaperclip Peopleの"Throw"でミニマルかつ黒いファンキーな曲でDJは交代。

Sunset Lounge 2015 Part5

パーティーの最後に登場したのはKaoru Inoue。いきなり上げる事はせずに前からの流れを意識しながら"Little Sunflower (Theo Parrish Re-Edit)"の漆黒のビートから始まり、ビートダウン的というか重心の低いハウスやディスコティックな曲により粘り強く引っ張っていく。そして壮大な展開のフュージョンハウス"Raw Cuts (Recloose Remix)"では優雅なストリングスが舞い踊りつつ、その後もコズミックなシンセが効果音として入るディスコハウスやぎらついた妖艶なディスコダブで多幸感に包み、重心の低さを保つようにディープなハウスも持ち込んでじわじわと精神を染め上げる辛抱強い展開を継続する。夜の帳が下りてから闇に包まれればフロアは一層昂ぶりを見せ、そこにバレアリック感に満たされた"Thing Called Love (Legowelt Special Remix Dub)"、トリッピーで中毒的な"Y.O.U.D."、そしてピッチ遅めでプレイしドロドロとした漆黒のムードを強めた"Black Water (Octave One Strings Vocal Mix)"などを投下し、真夜中のパーティーのような興奮を誘う。残念ながら曇り模様だったのでオレンジ色の鮮やかな夕日を臨む事は出来なかったが、その分だけディープな音でじんわりと闇に染めていくプレイは、感覚が夕闇に溶け込むようでもありクラブらしい雰囲気もあったと思うし、夕闇の中でカラフルにライトアップされた展望台の美しさもパーティーに華を添えていた。そして最後は闇を切り裂くように光に溢れるディスコの"I Was Born This Way (Better Days Mix)"でフロアを幸せな空気で包み込み、皆が満面の笑みを浮かべるような流れで締め括った。

Sunset Lounge 2015 Part6

最後にはShibaがDJブースへと上がりレベッカの"フレンズ"をプレイ、その曲名通りに参加した皆が友達のようになれる事を期待して掛けたのだろうか。しかし本当に老若男女、今ではクラブに来なくなった世代も、そして今もクラブを楽しむ人も、子供を連れた家族まで色々な人が遊びに来ており、湘南のパーティーとして愛されている事を実感した一日だった。また客層もマナーに配慮した層が多くゴミ問題も特に見受けられず、パーティーの質の高さは主宰者の長年の努力の賜であり、今後も継続して素晴らしいパーティーが開催される事を心から願っている。
| EVENT REPORT5 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3651
トラックバック