CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< DJ Nobu - Nuit Noire (Bitta:Bitta10002) | main | ラーメン信者 >>
DJ Koze - DJ-Kicks (!K7 Records:K7325CD)
DJ Koze - DJ-Kicks
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
生まれては埋もれていくMIXCDシリーズが多い中で、1995年に開始したDJ-Kicksは20年以上もの歳月を経ても勢いが衰えるどころか、続々と新興勢力も巻き込みながら発展をしている。テクノやハウスから始まりダウンテンポやレゲエ、果てはエレクトロニカやダブ・ステップまで吸収し、そして作品毎に手掛けたアーティストの新曲を収録する事で、常に新鮮な状態でダンス・ミュージックの現在形を紹介する役割があるのだ。そして栄えある第50作目の監修に選ばれたのは、Stefan KozallaことDJ Kozeだ。現在は自身で主宰するPampa Recordsも軌道に乗る中で奇抜さとユーモアを持ったダンス・ミュージックを手掛けるなど、その稀有なアーティスト性はオリジナルかつ変態性を伴っている。そんな彼が久しぶりに手掛けたMIXCDは、いや実際には殆どミックスされていないのでコンピレーション的な意味合いが強いが、正にDJ Kozeのそんな自由な創造性を夢のような甘い世界に溶け込ませたような彼らしい音が浮かんでは消えていく。冒頭はDJ Kozeによるエクスクルーシヴな"I Haven't Been Everywhere But It's On My List"だが、カットアップされた声とヒップ・ホップ的なリズムにドリーミーなシンセが組み合わさったポップな一曲で、この時点で既にDJ Kozeの世界観に魅了されるに違いない。続く"Can't Get Used To Those? (Kosi Edit)"は生温く風変わりなブレイク・ビーツで、そして牧歌的な雰囲気で軽快なビートを刻むエレクトロニカの"Dead Dogs Two (Boards Of Canada Remix)"、更にスモーキさが広がる訝しいドラミングが特徴の"Holiday (Kosi & Fink's Edit)"など、序盤は長閑な雰囲気ながらもヒップ・ホップ的なビート物が中心だ。中盤に入れば更に束縛から解き放たれビートは希薄化しつつフォークやシティーポップにジャズまで展開し、後半に入ればクラブらしい雰囲気のディープ・ハウスやミニマル・テクノまで飛び出す変幻自在の流れが待っている。ただそれは決してバラバラに離散しているのではなく、様々なビートや音色が一つの流れに合わさるようにポップかつドリーミーに仕立てあげられ、まるでサウンド・トラックにも感じられる心象風景を浮かび上がらすのだ。DJ Kickが決してダンス・トラックを集めただけの内容ではなく、当初から続く「奇妙なホームリスニング」というコンセプトを再度知らしめる、そんな意思さえも伝わってくるようだ。DJ Kozeが制作する奇妙な音楽の性格がそのまんまMIXCDに反映されている点でも、期待通りと言うべきで非常に面白く切ない一時間を体験させてくれる事だろう。



Check "DJ Koze"

Tracklistは続きで。
01. DJ Koze - I Haven't Been Everywhere But It's On My List (DJ-Kicks Exclusive)
02. Dimlite - Can't Get Used To Those? (Kosi Edit) / Efdemin - Ohara
03. cLOUDDEAD - Dead Dogs Two (Boards Of Canada Remix)
04. Strong Arm Steady - Best Of Times (Instrumental)
05. Homeboy Sandman - Holiday (Kosi & Fink's Edit)
06. Freddie Gibbs & Madlib - Shame (Instrumental)
07. Mndsgn - Camelblues (Kosi Edit)
08. Broadcast - Tears In The Typing Pool
09. Daniel Lanois - Carla
10. Hi-Tek / The 2 Bears - Come Get It (Tekstrumental) / Modern Family (Kosi Kos Melange)
11. William Shatner - It Hasn't Happened Yet
12. Marker Starling - In Stride
13. Session Victim - Hyuwee (DJ Koze Remix)
14. Frank & Tony - Bring The Sun feat. Gry (Kosi Edit)
15. Marcel Fengler - Jaz (Kosi Edit)
16. Portable feat. Lcio - Surrender (Kosi Edit)
17. The Gentle People - Superstar
| ETC4 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 14:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3726
トラックバック
DJ Kicks / DJ Koze
このところ、イタリア → ノルウェー → フランス → イタリア → イギリス、と欧州を行ったり来たりしていたのだが、今日はドイツ。!K7 レーベルの名物シリーズ DJ Kicks がなんと 50 作目に到達。その記念すべき 50 作目を担当しているのが DJ Koze というわけ。実際
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2015/09/12 11:35 PM |