<< Ryo Murakami - Deist (Bedouin Records:BDNLP 001) | main | Regis - Manbait (Blackest Ever Black:BLACKESTCD013) >>
Ponty Mython Feat. Sebastien Vorhaus - Mila, It's Not Over! EP (Dirt Crew Recordings:DIRT090)
Ponty Mython Feat. Sebastien Vorhaus - Mila, Its Not Over! EP
Amazonで詳しく見る(アナログ盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
ドイツのDirt Crewと言えばこの数年でここ日本でも頭角を現しているハウス・レーベルだが、実は2004年設立ともう老舗レーベルでもあり、最近の質の高さからDirt Crewなればこそとレーベル買いをしてもよい程に安定軌道に乗っている。そのレーベルの新作はロシアのアーティストであるAlexander PletnevことPonty Mythonによるもので、過去にはNo More HitsやQuintessentialsからも作品をリリースしており、跳ねたビート感とディスコティックな風合いが持ち味のハウスが好評を得ている。本EPで先ず述べるべきはメキシコのアーティストであるSebastien Vorhausとコラボした"Face Down"であろう。今までと同様にディスコティックな多幸感はあるものの、そこに流麗な笛のメロディーやアシッド気味の上モノのシンセを配して、豪華な音使いで勢い良く高揚へと巻き込んでいくダンストラックは即効性が高い。前のめり気味につんのめるリズム感が特徴な"Apple Arp"も、やはりヒプノティックな上モノとアシッドな音の粒が反復する快楽的なハウスだが、ジャジーなグルーヴ感は飛び跳ねて弾けるしなやかさがあって気分を上向きにもっていく曲だ。裏面に移ってタイトル曲である"Mila, It’s Not Over!"、ここにも毒が抜かれ耳に馴染みのよいアシッド・ベースが用いられているが、流麗なシンセのコードの使用とざっくりとライブ感のあるドラムが勢い良く刻まれ、作品中で最もエモーショナルな性質が強いか。そして最後はどっしりと重いキックが安定感を生む"Narcolepsy"で、優しいフルートのメロディーと流麗なパッドを用いた非常に滑らかな質感のハウスは、90年代のそれの面影を残す。過去の作品に比べるとややテクノ寄りな性質も見受けられたりと面白さもあるが、どれもこれも間違いなくフロア受けするであろうハウスであり、流石のDirt Crewの審美眼にハズレは無い。



Check "Ponty Mython"
| HOUSE11 | 12:01 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 12:01 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3748
トラックバック