CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Jose Padilla - Lollipop (International Feel Recordings:IFEEL 046) | main | 2015/10/31 DANIEL WANGとHALLOWEEN DISCO @ Unit >>
Mac-Talla Nan Creag (Firecracker Recordings:FIREC015CD)
Mac-Talla Nan Creag

近年はダンス的な要素の強いEPではなくアルバムに依って音楽表現の拡大を続けているスコットランドはエジンバラのFirecracker Recordingsから、更にコンセプト重視のアルバムがリリースされている。公式サイトによれば「1万年より昔、最後の氷河期の後に人類は現在のスコットランドと呼ばれる場所で、探検をし定住を始めた…」という件から始める長いコンセプトがあり、そんなスコットランドに根付いた探検から生まれたのが本作なのだ。製作者として記載されているのはエジンバラで活動するLord Of The Isles、レーベル主宰者であるLindsay ToddことHouse Of Traps、レーベルとは馴染みの深いFudge Fingas、そして正体不明のD. Wrightの4人だ。彼らは2014年の暮れにスコッチを嗜みながら古美術を学びつつ廃墟を訪れてはセッションを行い、そしてフィールド・レコーディングで音を集めながら、それぞれがギターやシンセにパーカッション、ハーモニウムやハープを演奏して、そんな短い探検の末に得られた材料を元にして本作を完成させたそうだ。その意味で本作は正にスコットランドから生まれた音楽であり、レーベルが今までリリースしてきた作品の中でも特に異色さが際立っている。つまりは一般的なパーティーで聴けるであろうダンス・ミュージックは皆無で、民族音楽やレフト・フィールドにフォークのような音楽性が中心となっており、その土地から発せられたスピリチュアルな空気を含んでいる。特に曲によってはシャーマンによる祈りを喚起させる歌も入っており、そこに伝統楽器と電子楽器にその土地から発せられた環境音を絡めながら、半ば宗教的な神妙さと大自然の謎めいた営みを体感させるのだ。環境音やセッションを元にした音楽性だけあって、形式に則っるのではなく生き物のように常に流動的で自由な変化を続ける音楽からは、探検を続ける内に様々な未知なる風景に出くわすかの如く。Firecrackerのファンが期待している音楽性とは全く異なるだろうが、あくまでコンセプト有りきである事を考えれば、スコットランドを拠点として活動するレーベルの郷土への思いが表現された作品として面白い。

| ETC4 | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 08:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3761
トラックバック