CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
3 [12 inch Analog]
3 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Kraftwerk
クラフトワークの3-Dライブの8タイトルがアナログ化で8枚組。全てダウンロードコード付き。6/9リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
NARKOPOP
NARKOPOP (JUGEMレビュー »)
GAS,Wolfgang Voigt
Mike InkことWolfgang VoigtことGasによる久しぶりのアルバムが登場。霧靄に包まれた音響アンビエントは変わらず。4/21リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< ラーメン二郎 新橋店 | main | A Band Called Flash - Mother Confessor (Future Vision Records:FVW002) >>
Prins Thomas - Paradise Goulash (Eskimo Recordings:541416507275)
Prins Thomas - Paradise Goulash
Amazonで詳しく見る(US盤)
 Amazonで詳しく見る(日本盤)
ノルウェーのニューディスコ大使と称されるPrins Thomasによる新作は、計3枚にも渡ってジャンルの壁を取っ払って、兎に角あらゆる音楽を楽しんで貰う意図でミックスされた大作だ。そのタイトルからも分かる通りNYの伝説的なクラブであるParadise Garageへのトリビュート的な内容であり、確かにジャンルレスという点においてその意思を受け継ぐコンセプトであろう。元々2007年には同様にニューディスコだけに限定されずに底抜けの多幸感を打ち出した怪作である『Cosmo Galactic Prism 』(過去レビュー)を披露しており、それを前提とすると2014年にリリースされた『Rainbow Disco Club Vol.1』(過去レビュー)はテクノを中心としたミックスとなった事で奇妙なユーモアは後退し、彼らしい賑やかなごった煮サウンドによる恍惚感は喪失してしまっていたと思う。そんな流れを踏まえて、本作は再度ジャンルレスかつタイムレスな選曲を行う事で、単にダンス・ミュージックの躍らせるという機能性だけにこだわらずに、変幻自在な流れによって惑わされながら何処か掴み所のない恍惚状態を引き起こす面白い作品に出来上がったと思う。勿論様々なジャンルは用いながらもバランスを壊す突飛な流れにはなっておらず、CD1〜3の流れに沿って大まかなジャンルの区分けはされている。CD1は最もレイドバックしており、牧歌的なロックから始まり民族的なジャズや懐かしみのあるハウス、夢現なアンビエントから艶かしいファンクを通過してのディープなアシッド・テクノまで、肩の力が抜けたプレイでゆっくりと温めながら多用なリズムと音色によって先ずは肩慣らし的な導入だ。CD2では2000年以降のニューディスコやテクノにハウスなど現代的なダンス・ミュージックが中心となり、徐々にビートは力強さを増しながら夜のパーティーへ向かうざわめきを喚起させる魅惑の快楽的な時間帯へと突入する。その流れを引き継いだCD3ではより快楽的な真夜中の時間帯から始まり、ディープかつミニマルな流れを保ちながらエクスペリメンタルな電子音楽へと遷移し、湿っぽく可愛らしいジャズやライブラリーミュージック的なリスニングの曲、そして熟成したような味わいのあるプログレッシヴ・ロックを経過して下降気味に終焉へと向かう。CD3枚に渡って起承転結がはっきりとした流れは非常にスムースで、パーティーの始まりから終わりまでを意識したようにも感じられるし、多数のジャンルを過剰に詰め込んだ事でその情報量の多さに抵抗の出来ない恍惚感も生まれている。流石に3枚合わせて200分越えなのでお腹いっぱいにはなるものの、Thomasらしく外向きの享楽的なパワーが発散するDJプレイが目に浮かぶようで、やっぱりこんなミックスが彼らしいと思わせられる内容だ。



Check "Prins Thomas"

Tracklistは続きで。
CD1
01. Turns - Forever More Pt. III
02. Gabor Szabo - Galatea's Guitar
03. Brian Bennett Band - Drum Odyssey
04. Aqua Bassino - Ibiza
05. Claude Speeed - VIN
06. Sun Araw - Ma Holo
07. Richard Schneider Jr. - Samba-Trip
08. Mistral - Starship 109
09. The Durian Brothers - Weggeputscht
10. Zazou Bikaye & CY1 - Lamuka
11. Berliner Ring - El Amarna
12. C Cat Trance - Dalbouka
13. A Split - Second - Scandinavian Bellydance
14. TM404 - 303/303/303/303/606
15. RVDS - Nerds
16. Len Leise - Dance Of The Ghosts
17. NSI. - Nikita
18. Wally Badarou - Voices
19. Jan Akkerman - Tranquilizer

CD2
01. Bjorn Torske - Nestor
02. Actress - Xoul Particles
03. Son.sine - Upekah
04. Hakimonu - Cadence 1 / Native A
05. Donato Dozzy & Tin Man - Test 7
06. I:Cube - Falling
07. Hieroglyphic Being - Imaginary Soundscapes 9
08. Forever Sound - Glowworm
09. Odd Numbers - Riviera
10. Dreamatic - I Can Feel It (Enzo Elia GFR Edit)
11. SW. - Untitled
12. Pev & Kowton - Low Strobe
13. Joachim Holm & Alejandro Mosso - Tre Melodi
14. Robert Hood - Drive (The Age Of Automation)
15. Abdulla Rashim - Moral Blinds
16. Dirty Jesus - Don't Fuck With My Shit (RV Cock's Black Cock Mix)
17. Marcos Cabral - Sweet & Sour
18. Box Saga - Zen And The Art Of Deadlines
19. Bjorn Torske - Nitten Nitti
20. Les Big Byrd - Roundhouse Blues

CD3
01. Ü - The Subdubba Beat (Stockholmia Glue Mix)
02. Petar Dundov - Sailing Off The Grid
03. Louis Haiman - Ghosts Of Gratiot
04. Evigt Morker - Hogre
05. Morphosis - Silent Screamer
06. Sebbo - Watamu Beach (Moritz von Oswald Rework)
07. Young Marco - Biology Theme
08. Luke Abbott - Modern Driveway
09. Ricardo Villalobos - Defixia
10. Zadig - Quiet Orbit Around Gladia
11. Marcellus Pittman - The Mad Underdog
12. Stefan Vincent - Fool Me Again
13. Blacknecks - Don't Dream It Be It
14. Siriusmo - Liu
15. Il Guardiano Del Faro - Ma Ci Pensi, Io E Te
16. Johanna Billing - This Is How We Walk On The Moon
17. Krater - Labyrint
18. Kurt Vile - Baby's Arms
| HOUSE11 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 12:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3783
トラックバック
Prins Thomas Presents Paradise Goulash
プリンスつながり、という意図は全くなかったのだが、今日は Prins Thomas の 3CD Mix モノ。 タイトルのとおり、Paradise Garage へのオマージュを込めた作品のようで、3CD 全 57 トラックにわたってジャンルレスな展開となっております。 調べてみたところ、Goulash
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2016/05/01 11:19 PM |