CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Toby Tobias - Rising Son (Delusions Of Grandeur:DOGCD5) | main | Joe Le Bon - House Music Love Music (Moods & Grooves:MG CD-6) >>
Black Spuma - Oasi (International Feel Recordings:IFEEL048)
Black Spuma - Oasi
Amazonで詳しく見る(MP3)

現在のバレアリック・ミュージックを引率するInternational Feelは、2015年もこれからを期待される若手から信頼足りうるベテランまで、多くのアーティストの作品をリリースして一身に注目を集めていた。そしてまたもや耳にした事のないBlack Spumaなるアーティストがレーベルより送り出されたとなれば、当然興味をそそらずにはいられないのだが、蓋を開けてみれば全くの新人ではなく既に実力の認められたベテラン・ユニットなのだった。一人はTuff City Kids名義で人気を博すPhillip Lauer、もう一人はイタリアのDJでTelespazio名義でも活動するFabrizio Mammarellaであり、両者ともイタロ系の音楽性を共通に持つベテランだ。そんなイタロの共通項を持つ二人だからこそ、開放的な快楽の高さはInternational Feelのバレアリック性と馴染み、期待通りの音を聞かせてくれる。すっと湧くように入ってくる透明感のあるパッドとオプティミスティックなシンセのフレーズで始まる"Hype Around"は、その余りにも爽やかな空の青に落ちていくような清々しいまでのバレアリック・ハウスで、既にクラシックの様な風格さえ纏っている。対して"Spumatix"は一転してどっしりと地に根を張ったようなベースとリズムによるビート感があり、嬉々としたマリンバの音色にほっと和んでしまうディスコ・ハウスだ。アーティスト名がそのまま曲名となった"Black Spuma"は、ぐしゃっとした刺激的なマシン・ドラムとウニョウニョとしたベースと金物の音のようなシンセからはイタロ・ディスコの匂いが発せられ、しかしそこに柔らかなパッドが被せられるとほんのりと情緒的にもなったり、兎に角気分が高揚してしまう。特にレーベルの中でも比較的パーティーの賑わいを想起させるダンス的な要素が強く、このEPはダンス・フロアでこそエネルギッシュな快楽性が映えるのではと思う。



Check "Black Spuma"
| HOUSE11 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 22:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック