CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< D5 - Sides Of Space (Delsin Records:112dsr-cd) | main | Crackazat - Crescendo (Local Talk:LTCD002) >>
Delta Funktionen - Wasteland (Radio Matrix:RAM-X-CD-01)
Delta Funktionen - Wasteland
Amazonで詳しく見る(US盤)

アンドロメダ銀河の奥底のどこかに隠れているミステリアスな惑星、それが"Wasteland"…というコンセプトを元に、SF仕立てなアルバムを完成させたオランダのDelta Funktionen。2012年にはDelsinより初のアルバムである『Traces』(過去レビュー)をリリース、また活動の初期からFuture Terrorにも招致されるなど、テクノを知る者にとってはちょっとした注目を集めていたアーティストだ。デトロイトの本家エレクトロに強い影響を受けたその音楽性は非常にダークで、前のアルバムではそこにフロアでの機能を高めたテクノやレトロな味わいも加えて、非常にバランスの良いダーク・エレクトロを聞かせていた。あれから3年、今度は自身で設立したばかりのRadio Matrixから2枚目となるアルバムの本作をリリースしたのだが、進むべき道が正確に見えているかの如く前作からの路線を踏襲しながらその強度は更に高まっている。端的に言ってしまえばKraftwerkとDrexciyaの子孫と呼んでも差し支えない内容で、前者のロボットボイスと後者のハードで荒廃したエレクトロ・ビートから成る現在形のテクノなのだ。タイトル曲である”Wasteland”からして背筋が凍るような冷気が漂っており、ノンビートながらも重苦しい電子音の展開から徐々に鋭利なビートが入りだし、そして奇妙なロボットボイスや毒気のあるベースなどで、今風に研ぎ澄まされながらもクラシカルな雰囲気もあるエレクトロ・ビートを叩き出す。"Tab"で聴ける乾いたビートはTR系だろうか、そこにぐっと膨らむ電子音のベースや不気味さが漂うシンセのメロディーなど、これはモロにDrexciyaの暗くもタフなエレクトロだ。それだけではなく"A Drone Killed My Bunny"のようにディープでハウシーな4つ打ちが続く曲もあるが、やはり潰れたようなクラップ音や荒れたスネアが入ってくると、オールドスクールに傾くのは自然な流れだ。基本的に明るさは皆無で暗くて凍てつく冷気が吹き出すダーク・エレクトロであり、そこにアシッドやテクノやハウスの要素も織り交ぜながら、古くも新しい刺激的なダンス・ミュージックを完成させている。単にデトロイトの模倣ではなく、これぞDelta Funktionenという音を確立した痺れるような格好良さだ。



Check "Delta Funktionen"
| TECHNO12 | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 14:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック