CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット)
I KNOW YOU LIKE IT(アイ・ノウ・ユー・ライク・イット) (JUGEMレビュー »)
Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota,横田信一郎 Shinichiro Yokota
RECOMMEND
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog]
MEZZANINE REMIX TAPES 98 [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
名作MEZZANINEリリース時に予定されていたマッド・プロフェッサーによるダブ・バージョンが、今になりリリース。こちらはアナログ盤。
RECOMMEND
Mezzanine
Mezzanine (JUGEMレビュー »)
Massive Attack
メザニーンのリマスターに、上記のダブバージョンを合わせたCD2枚組。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Delta Funktionen - Wasteland (Radio Matrix:RAM-X-CD-01) | main | Asian Psilocybe Foundation - Cosmic Dance EP (New Heroes:NH001) >>
Crackazat - Crescendo (Local Talk:LTCD002)
Crackazat - Crescendo
Amazonで詳しく見る(MP3)

飛ぶ鳥を落とす勢いとは正にLocal Talkの事だろう。元Raw Fusionを主宰していたMad Matsが2011年に新たに立ち上げたLocal Talkは、エレクトロニックなハウスを軸にテクノやブレイク・ビーツにフュージョンなどの要素散りばめながら、古い懐かしさと新しい未来的な感覚を両立さえてスウェディッシュ・ハウスの最先端を突き進んでいる。そんなレーベルにとって初のアルバムが2015年3月にリリースされた本作で、UKはブリストル出身のBenjamin JacobsことCrackazatが手掛けている。Crackazatは元はジャズミュージシャンとしてのバックグラウンドを持ちつつ、2012年に初の作品をリリースしたのを皮切りに2014年からはLocal Talkの元から強力なプッシュにより3枚のEPをリリースし、若くして注目を集めていた。その成果としてそれらのEPからの曲や新録も纏めたのが本作であり、レーベルの初アルバムとしてCrackazatを起用する辺りに、レーベルの一押しな気持ちが伝わってくる。実際にアルバムの素晴らしさは確かなもので、Mad Mats曰く「Los HermanosとFloting Pointsを足して2で割った感じ」と述べているそうだ。それが事実かどうかはさておき、アルバムの冒頭の"Moon Ballad"からして8ビット的なシンセのメロディーとヒップ・ホップのようなざっくりしたビートを用いたメロウな曲調が面白く、しかしうっとりと耳を傾けたくなる魅力を放っている。続く"Somewhere Else"は確かにデトロイトのようなコズミック感溢れる小刻みに揺れ動くメロディーが特徴だが、あっさりと軽快なジャジーグルーヴが爽やかだ。同様の路線が"Eye Light"で優美で光沢のあるシンセの使い方は古いフュージョンを聞いているようで、確かにミュージシャンとしての力量を的確に発揮した流れるようなキーボードワークが華麗なメロディーを紡いでいる。と思えば西ロン系のブロークン・ビーツを思い起こさせるソウルフルな歌モノを用いた"Brother Bond"は、ラフなビート感と温かみのあるシンセが複雑に絡み合い、洗練されながらもゴージャスな色彩を伴い盛り上がっていく。このようにLocal Talkというレーベルの多様性をCrackazatも継承するように、テクノやハウスにブロークン・ビーツの垣根を越えて、そしてダンスとリスニングのバランスを上手くとったデビューアルバムとは思えない完成度なのだ。デジタル配信のみでヴァイナル等もリリースがないのは謎だが、今から聴いておいても遅くはない。



Check "Crackazat"
| HOUSE11 | 19:00 | comments(1) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 19:00 | - | - | |

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/03/30 3:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3830
トラックバック