CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
FRKWYS Vol.15: serenitatem
FRKWYS Vol.15: serenitatem (JUGEMレビュー »)
VISIBLE CLOAKS,YOSHIO OJIMA,SATSUKI SHIBANO
RECOMMEND
RECOMMEND
The State Between Us
The State Between Us (JUGEMレビュー »)
The Matthew Herbert Big Band
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Asian Psilocybe Foundation - Cosmic Dance EP (New Heroes:NH001) | main | Denki Groove - The Movie? (Ki/oon Music Inc.:KSCL-2646) >>
Keita Sano - Holding New Cards (1080p:1080P45)
Keita Sano - Holding New Cards
Amazonで詳しく見る(MP3)

アナログでも配信でもどちらでもよいが、熱心にダンス・ミュージックを追いかけている者ならば、最近Keita Sanoの名を目にする事は珍しくないだろう。岡山在住のこのトラックメーカーは2012年頃からデジタルでのリリースを開始し、2014年から2015年の2年間の間には何と10枚近くのアナログをリリースするようになり、その活動量の多さは日本だけでなく海外からも注目を集めている事を意味する。事実Mister Saturday Night RecordsやHolic Traxといった名のあるレーベル、または逆によりアンダーグラウンドなレーベルからと何処か一つのレーベルに固執する事なく、世界各地のレーベルから敢えて音楽性もバラバラに雑然と作品をリリースし、その個性を掴ませないような多面的な音楽性が受けているのではと推測している。本作は2015年5月にバンクーバーのカセット/デジタルのレーベルである1080pからリリースされたアルバムであり、ここでは各EPで展開されていた音楽性を纏めて一つの作品にぶち込んだような、つまりはアルバムの中で音楽性を収束させるのではなく拡散させる折衷主義が存在する。冒頭の"Fake Blood"から愉快で可愛らしいシンセを用いた曲は、テクノやハウスでもありながらシンセ・ポップのようなキャッチーな雰囲気もあり、これだけ聴けばアルバムは随分とドリーミーな物だと推測するだろう。しかし続く"Onion Slice"は古いレイヴ時代を思い起こさせる強烈なジャングルで、だが中盤からはプリミティブなメロディーも主張してドラマティックな展開をする瞬間はスリリングでさえある。と思えば荘厳に覆い被さるシンセや奇妙なボーカルを用いた"Ends How It Ends"は、持続感を打ち出したディープなミニマルで、すんなりと真夜中のフロアに馴染むような曲だ。そして昨今のロウハウスを思わせるノイジーなテクスチャを用いた"Holding Ne Cards"や、4つ打ちの中に奇っ怪なパーカッションを複雑にふんだんに詰め込んだ"African Blue"など、予想以上に曲毎にその音楽の姿を変える様は驚くしかないだろう。その中でもロウなマシンビートを軸に郷愁たっぷりなシンセで味付けをしたディープ・ハウス調の"Happiness"や、不気味なアシッド・ベースが蠢くアシッド・ハウスの"Escape To Bronx"や"Insomnia"は、初期シカゴ・ハウスのまだあどけなさが残るものの原始的な対応を帯びたクラシカルなハウスで、決して彼が特異な音楽性だけによって評価されるべきではない事を示唆している。彼の音楽性を理解するのにEPを集めるには大変だと言う人は、一先ずこのアルバムを聴けば十分にその多様性を理解しつつ、そこから生まれる奇妙な楽しさをきっと体感するだろう。



Check "Keita Sano"
| TECHNO12 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3831
トラックバック