CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー
プレスクリプション:ワード、サウンド & パワー (JUGEMレビュー »)
ロン・トレント,RON TRENT
Ron TrentによるPrescriptionからリリースされてベスト盤が2枚組でリリース。シカゴ・ディープ・ハウスの壮大な深さを体験。3/15リリース!
RECOMMEND
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

故ヨコタススムの初期名義、RingoのPlantationがリイシュー。ポップでテクノでハウシーな作品。3/27リリース!
RECOMMEND
ハーヴィー・サザーランド
ハーヴィー・サザーランド (JUGEMレビュー »)
ハーヴィー・サザーランド,HARVEY SUTHERLAND
メルボルンの新星・ハービーサザーランドが日本向けにEPをコンパイル。MCDE等からもリリースする作品はライブ感溢れるブギーなディープ・ハウス。3/15リリース!
RECOMMEND
Providence
Providence (JUGEMレビュー »)
Nathan Fake
Border CommunityからNinja Tuneへ移籍したNathan Fakeのニューアルバム。より変態的なサウンドに変化するのか?3/10リリース!
RECOMMEND
Selectors 002
Selectors 002 (JUGEMレビュー »)
Young Marco
Dekmantelのコンピレーションシリーズ第二段はYoung Marco。単なるレア盤にならない普遍的な作品を集めた内容だそうな。3/10リリース!
RECOMMEND
Local Talk 5 1/2 Years Later
Local Talk 5 1/2 Years Later (JUGEMレビュー »)
V.A. - Local Talk
Local TalkがBlazeのあのアルバムジャケットをオマージュにした作品をリリース。EP2枚でリリースされた作品を日本のみでCD化。DJ SpinnaやS3Aらが参加。3/1リリース!
RECOMMEND
TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)
TROPICAL LOVE(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
電気グルーヴ
電気グルーヴ4年ぶりのアルバム。多数のゲストが参加。3/1リリース!
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Takasi Nakajima - Basic Math (Indigo Aera:AERA015) | main | Miruga & Fulbert - Suzaka Motor City EP (Rawthenticity:CITY08) >>
Daniel Wang - Everybody Get Dancin' - Daniel Wang's Personal West End Megamix (OCTAVE LAB.:OTLCD5096)
Daniel Wang - Everybody Get Dancin - Daniel Wangs Personal West End Megamix
Amazonで詳しく見る(日本盤)
 Amazonで詳しく見る(MP3)
2015年3月にSalsoul Recordsの音源を使用したMIXCD『Orchestral Madness & Laughter』(過去レビュー)をリリースしたDaniel Wangが、今度はWest End Recordの音源のみを使用して再度メガミックスを試みている。レーベルの背景や各音源についてはおおよそライナーノーツでWang自身によって語られているので、敢えてここでの詳細な説明は不要だろうが、大雑把位に言うとMel Cherenによって1976年に設立されNYダンス・クラシックスとなる多数のディスコ名作を生み、ガラージ〜ディスコの発展に大きく寄与したレーベルである。現在のような機能性を重視したというよりは、4つ打ちながらも煌めくような装飾や温度感のある生演奏を重視して、実に感情豊かにダンスさせる曲が特徴だ。だからこそ、サンプリング中心の楽曲よりも人の手によって奏でられるディスコの偏執狂であるWangが、こういったディスコ・クラシックスによるメガミックスを手掛ける事に異論はない。だがこの余りにも著名なレーベルが故に今までにも多くのMIXCDやコンピレーションが制作されており、そこにWangが入り込む余地があったのかと思わなくもないが、結果的には非常にWangらしい只々ラブリーかつハッピーな笑顔溢れる世界観を作り出す事は出来たようだ。オープニングは一緒に踊りに行こうと誘われる甘くもファンキーな"Let's Go Dancin' (Club Version)"で始まり、優雅に舞うようなストリングスが美しい"Speak Well (Tom Moulton 12" Mix)"、ストリングスにギターにピアノやトランペットなどが豪華に彩る"Mary Hartman, Mary Hartman (Instrumental)"など、序盤からこれが喜びに満ちたディスコだと言わんばかりの展開だ。また中盤の"Heat You Up (Melt You Down) (Melt Down Mix)"はコズミックなシンセの使い方がプロト・ハウス的で、レトロ・フューチャーを感じさせる。本作では敢えてクラシックス中心ではなくWangの審美眼に適った変化球的な曲も多いが、勿論クラシックスも盛り込まれており、世界初のゲイ讃歌"I Was Born This Way (Tom Moulton 12" Mix)"(後にEarth PeopleのDanceにサンプリングで使用されている名曲)なんかはきっと耳にした事がある人は多い筈だ。後半からは少しずつ緩いグルーヴになり、センチメンタルな気分に染まる"You Can't Have Your Cake And Eat It Too (Instrumental Cake Mix)"など夕暮れ時の切なさが溢れ出してくる。ここに収録された曲は現在のダンス・ミュージックと比べると決して洗練されているものではないが、筆者自身が特にWest End Recordに詳しい訳ではないのでこういった古い曲も新鮮に聞こえつつ、そこにWangの愛らしさや陽気な気分が反映されている事でディスコ/West End Recordの魅力が十分に感じられる内容に上手く纏まっている。ディスコ好きは勿論、ディスコを全く知らない人にこそ聞いて欲しい一枚だ。

Check "Daniel Wang"

Tracklistは続きで。
1. Sparque / Let's Go Dancin' (Club Version)
2. Billy Nichols / Give Your Body Up To The Music (Larry Levan 12" Mix)
3. Bombers / (Everybody) Get Dancin'
4. Philly U.S.A. / Speak Well (Tom Moulton 12" Mix)
5. Sounds Of Inner City / Mary Hartman, Mary Hartman (Instrumental)
6. North End / Kind Of Life (Kind Of Love) (Instrumental)
7. Shirley Lites / Heat You Up (Melt You Down) (Melt Down Mix)
8. Bombers / Shake
9. Raw Silk / Just In Time & Space (Dub)
10. Al McCall / Hard Times (Tee Scott 12" Vocal Mix)
11. Debbie Trusty / Searchin' For Some Lovin' (Vocal)
12. Carl Bean / I Was Born This Way (Tom Moulton 12" Mix)
13. Michele / Can't You Feel It
14. Mahogany Featuring Bernice Watkins / Ride On The Rhythm (Vocal)
15. B.T. (Brenda Taylor)/ You Can't Have Your Cake And Eat It Too (Instrumental Cake Mix)
16. Barbara Mason / Another Man (Vocal)
17. Bombers / Disco Galaxy
| HOUSE11 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(1) | |
スポンサーサイト
| - | 13:00 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://matyu.jugem.jp/trackback/3835
トラックバック
Everybody Get Dancin': Daniel wang's Personal West End Records Megamix
そして、&darr; の DFP 盤と同時リリースされたのが、本日の Daniel Wang 盤。 彼の Salsoul 盤がアートワークでモメて、リリースまで 1 年近くかかったので、今回もリリース・ニュースを見かけた時点では相当待たされるのかと思っていたのだが、何のことはない、
| 音盤収集病患者の館 − 裏 MDRH | 2016/05/11 11:54 PM |