CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< Francis Inferno Orchestra - Where Will You Be Spending Eternity? (Superconscious Records:SCR004) | main | Walt J - Simplicity (Sounds Of The City:SOTC-WJ01) >>
C2-R2 (Knife & Folk Records:KF 000)
C2-R2

2015年の中頃、突如としてネット上のクラウドファンディングでC2-R2なる名義の7インチの制作発表がなされたが、それは実は井上薫ことChari Chari名義の覆面プロジェクトである事に驚いた者は多いだろう。元々Chari Chariは国境を越えて多民族的でコスモポリタンな音楽性を持つプロジェクトだったが、近年は本人がよりクラブ的なダンス・ミュージックへ接近する事で、Chari Chari名義は活動を停止していた。それが2014年にはライブバンドとして復活した事で何か動きを見せるのかと期待していた所に、こうやって実際に新作が届けられた事で、Chari Chariが間違いなく帰還した事を証明している。ただこれが覆面プロジェクトという事もあるのか、内容はかつてのChari Chariとは同じでもなく、彼の音楽体験のルーツであるパンクやニューウェーブを意識したダンス・ミュージックへと変化を遂げている。A面の"Everlasting F.U.G.I."は80年台に活躍したエスノインダストリアルファンクバンドの23 Skidooの"Fuck You GI"をカバーした作品で、オリジナルの原始的な胎動を帯びた人力ファンクのイメージを壊す事なく、より図太いリズムやベースでの肉体的な揺さぶりを強めた上に洗練された現代の音へと塗り替える事に成功し、ある意味ではChari Chariのエスニックな雰囲気の線路上にあるとも言える。B面の"Boy's Tray"は4ADで活躍していたインスト・バンドのDif Juzへのオマージュだそうで、淡いギターが咆哮するシューゲイザーサウンドにファンクなベースや民族的なパーカッションが炸裂し、更にはダビーな音響を加える事で開放感のある清々しいバレアリック・ミュージックへと昇華している。クレジットを見る限りでは2014年にライブを行った時の4人のメンバーで制作がされており、Chari Chariはライブバンドとしての路線を歩む事が予想されるが、ダンス・ミュージックとパンクやニューウェーブの邂逅が新たな道を切り開いていく事に期待したくなる復活の狼煙となる作品だ。



Check "Kaoru Inoue"
| ETC4 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) | |
スポンサーサイト
| - | 07:30 | - | - | |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック